J2 第4節vs松本 第5節vs京都 レビュー


~松本戦のトピック~

◎相手に強力なFWがいるとどうなるか?問題

◎WBを釣り出しての”3バック脇”活用作戦

◎CBのオーバーラップでサイドの数的有利作戦

◎抜群の切れ味を見せる伊藤ーヨンジェのホットライン

◎ピックアッププレーヤー 阿部海大


~京都戦のトピック~

◎前からのプレスと濱田vsロペス

◎左回りの上田と右回りの末吉

◎なぜメンバー交代してもパフォーマンスが維持できたのか?

◎濱田の決勝点と京都のCKの守備

◎ピックアッププレーヤー  濱田水輝


※レビューの売り上げは主にファジアーノ岡山関連の出費に充当させていただこうと思います



第4節 松本 1 − 1 岡山


◎試合全体の流れ


松本は前線に高崎、右WBに岩上を起用。高崎の高さと岩上のキックの上手さを加えセットプレーでの刺しあいに対抗してきます。ゲームは松本が攻め岡山が守る形で進行。前半松本がいくつか工夫を見せ岡山の守備を崩しにかかりますが、点にはつながらず。岡山は一瞬のスキを見逃さずカウンターから塚川のミドルが決まり先制。後半はリードを守りつつカウンターをうかがう岡山。松本は岡山の堅い守備をなかなか崩せません。不可解なジャッジからCKを得た松本が岩上のミドルで追いつき同点。今季初のドロー決着となりました。勝点は1にとどまりましたが、全体的に松本の攻撃をよく抑えており、守備において手ごたえを深める内容でありました。


それではまず、フォーメーションを確認していきましょう。



松本は3421、岡山も3421。

今回もミラーゲームとなりました。




◎相手に強力なFWがいるとどうなるか?問題



この試合J2屈指の高さと強さをもつ高崎が起用されたということで、岡山の守備陣としては初めて空中戦や肉弾戦で手を焼く試合となりました。これまで、空中戦と地上戦で相手のFWを封じ込めていたおかげで守備が安定していたのですが、その安定を高崎の存在が揺さぶります。

この続きをみるには

この続き:4,556文字/画像11枚

J2 第4節vs松本 第5節vs京都 レビュー

Zerofagi

130円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキをおしてくれたあなたがスキ。いや割とマジで・・!
3

Zerofagi

0からはじめるファジアーノ note

サッカー好きの生粋岡山人が、0から地元サポーターとして応援していきます。試合の考察中心の分析系note
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。