J2 第8節 新潟 vs 岡山 レビュー



新潟 0 − 1 岡山

2018年4月8日(日)14:03KO デンカS


◎試合の流れ


3バックの熟練度の差がはっきりと出た試合でした。3バックに着手して間もない新潟は不慣れなフォーメーションのためパスミスを連発。攻撃においても守備においても有効なプレーを出すことができませんでした。2011年以降ずっと3バックに慣れ親しんできた岡山は、新潟のプレスの緩さを突いた攻撃を展開しゲームを支配します。守備ではしっかりと枚数調整されたタイトなプレスを見せて新潟に攻撃の糸口すら与えません。後半に得たPKを決めて先制点を奪うと、その後も危なげのない試合運びでまたしてもクリーンシートを達成。前節愛媛に敗れて初黒星を喫した後でしたが嫌な流れを断ち切る見事なアウェイ勝利で首位をキープしました。



☆今回のレビューのトピック

◎ショートパスをつなぐ3バックの”いろは”

◎岡山の守備を支える武田将平の走力

◎中盤の数的有利と躍動する仲間隼斗

◎ピックアッププレーヤー 武田将平・仲間隼斗


それではまず、両チームのフォーメーションから確認していきましょう。



岡山のフォーメーションは3142

新潟のフォーメーションは3421

次に、両者のフォーメーションのかみ合わせをチェックします。


新潟は岡山のフォーメーションを3421で予想していたようですが、今季初めて岡山は3142のフォーメーションでこの試合に臨みました。もし新潟の予想どおり岡山が3421できていたらミラーゲームになります。しかし、実際には3142だったので、ミラーゲームになりません。

岡山は前線を2トップにした分、中盤の人数を増やしており5人対4人と中盤において数的に有利な状況にありました。新潟は前線からのプレスを仕掛けたいところでしたが、岡山の最終ライン3枚、中盤5枚の計8枚に対してプレスにかけられる人数が7枚と数が足りませんから、岡山にプレッシャーをかけるには工夫が必要になってきます。




◎ショートパスをつなぐ3バックの”いろは”




新潟の3バックはショートパスをつないでいくスタイルを模索しており、岡山のように中盤を省略してロングボールを多用するスタイルではありませんでした。J2は3バックのチームが多いのですが、ショートパスをつないでいくチームはここまでの対戦でも徳島、大分、京都、甲府、愛媛、と一番多いタイプであります。3バックでショートパスをつなぐチームがみんなやっていること、ある種のセオリーになっていることを確認してみましょう。


この続きをみるには

この続き:3,721文字/画像8枚

J2 第8節 新潟 vs 岡山 レビュー

Zerofagi

130円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めっちゃうれしいです!
2

Zerofagi

0からはじめるファジアーノ note

サッカー好きの生粋岡山人が、0から地元サポーターとして応援していきます。試合の考察中心の分析系note
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。