働き方/休み方

71
ノート

同僚の仕事のミスを受け入れられなかった、あの頃の私へ

「仕事で失敗してしまうのは、私の人格がいけないからだと思ってました」

今、私が経営する「soar」というチームの会議で、ある日メンバーが泣きながらこんなことを言った。

「以前の職場では失敗をしたら激しく怒られて、自分の人格を否定をされることが当たり前。いつのまにか仕事をするのが怖くて仕方なくなって、できない自分や弱い自分を、職場では絶対に見せてはいけないと思うようになりました。失敗は失敗のまま

もっとみる

ライター初心者でも月10万円を突破できた!9のプロセス

「ライターをやってみたいけれど、稼げるか不安」
「月に10万円以上稼ぐ方法が知りたい」
「ライター初心者だけど、今後どうしたらいいかわからない」

このnoteはこのような方の悩みを解決します。
かなり初心者ライター向けの内容となっているので、すでにライターを始めて長く経っている人や、
自分なりのやり方が確立している人にとっては物足りないかもしれません。
ご了承ください。

「これからライターとし

もっとみる

「どんな仕事」をするかより、「どう仕事」をするか。

会社員を辞めて、5か月が過ぎました。
ここ数日、ようやく「働くこと」という言葉の周りにあった霧が、少しずつ晴れてきたような気がしたので、その過程を残しておこうと思います。

わたしはTwitterの肩書きに「ゆるフリーランス」なんて書いてあるけれど、人がイメージする、いわゆる「フリーランス」とはちょっと違う感じで生きています。

そもそも、フリーランスと名乗っているのは、ただ単純に「一つの企業に属

もっとみる

夏休み特別企画「広報担当Kが背中を押します。」よく読まれている記事

こんにちは。「未来の仕事屋」広報担当Kです。「未来の仕事屋」のnoteを訪ねていただきまして、ありがとうございます。このマガジンは、「時給で働く」ことに悩んでいる方の背中を広報担当がただただ押そう、という企画です。

毎週水曜日に更新しているこのマガジンは、現在記事が66本になっております。6月には、それまでの記事の中から35本を選出して電子書籍も発売致しました(ご購入くださった皆様、本当にどうも

もっとみる

Twitterで話題の【在宅派遣おじさん】って何者!?

はじめましての方も、前回のnoteを見てくださった方もこんにちは!株式会社キャスター「在宅派遣」の公式アカウント・在宅ちゃんです!✨

このnoteでは、国内初のフルリモート人材派遣事業を展開する株式会社キャスター・在宅派遣チームが、「雇用のあり方」について様々な切り口から情報を発信します。

経営者、事業責任者、人事担当の方々に届きますように!

「在宅派遣おじさん」という、おじさんの話

第3

もっとみる

派遣で働きながらの個人事業主、という働き方。

今年から個人での仕事の売り上げが立ったので、申告の必要が出てきた。生活費のメインは派遣で勤めている給料で、個人での売り上げは月数万円。とは言え、雑所得として申告しなきゃいけないんだよなぁと薄い知識でぼんやり思いながらも、めんどくさくて考えるのを後回しにしていた。

すると、派遣仲間の方から「継続で同じクライアントと仕事してるなら、開業届を出して個人事業主として確定申告したほうがいいのでは?」とアド

もっとみる

優しくする順番、一番は自分だから。

絶対にそんなことはないのに。
何故だか自分だけが疲弊している気がしてしまう。

あれ、なんでわたしってこんな必死になってるんだっけって。そんなことを思う暇すら与えてくれない。毎日が遅くなったり早くなったりするのはやめてほしい。けれどいつだって「辛いな」と感じながら生きたときの時間の流れは 骨の折れるものだった。

「生きる目的を考える。」

なんだか学校の授業みたいで退屈だ。
わたしは子どもの頃か

もっとみる

「好きなことして生きる」で苦しむのやめよ〜

最近「好きなことして生きる」って言って活動してる人をよく見かけるんだけど、それをみて「わたしも好きなことを探して、それを生業にしたい!」って思って苦しんでる人がいる気がする。

好きなことを生業にするっていう概念を知ること自体はいいことなんだけど、そう思うことでせっかく幸せなのに不幸になっちゃう人もいるんじゃないかなあ。

「好きなことして生きる」って掲げてる人の多くは、好きなことして生きるために

もっとみる

自分や家族が命の危険にさらされていても、ハローワークの呼び出しに応じなければいけないのか

15年以上働いてきて、これから人生初の失業保険を受給しようとハローワーク(公共職業安定所)に通っている。

景気や家族のことでゴタゴタしていて無職期間が過去にも何度かあったが、それでも1、2か月程度で次の職場で仕事をしてこられたのは派遣社員という働き方のメリットでもあったように思える。

今は再び派遣を選ぶのは最後の切り札の位置に下げ、優先として今日まで1年かけて参加したセミナーや興味関心のある出

もっとみる