ハセショ_トップイラスト

お仕事図鑑「まちの本屋さん」―将来、本屋をしたい君へ―

おはようございます!大山崎ハグです。
昨日は文化の日、祝日でしたね。いいお休みを過ごされましたか?
僕たちですか?
アハ、結局、のんびりと資料や本を探しては読み、うたたね➡爆睡でした^^

さて、今日はお仕事図鑑のご紹介です。
隣町・島本町で1軒だけになってしまった
長谷川書店さん(通称ハセショ)のお話です。

今までとは違ったレイアウトになってるでしょ。

ハセショさんには、今回取材や原稿を持っての
打ち合わせなどで3回ほどうかがいました。
うかがうたびにここ本屋!?と思うぐらい、
にぎやかでにぎやかで
お客さんとのやりとりがおもしろく、
稔さんがまた、お客さんを紹介してくれるので
僕もお話に混ざったりして、
ずっとここの常連さんだった気分。

chi-puiさんは、新刊や新古書、それも全く関係のない
ようにみえる本と本が並ぶ本棚にワクワクし
ゆっくりと眺めたり、時々手に取り開いたり、
久しぶりに本屋さんで贅沢な時間を過ごせたそうです。

そんなハセショの雰囲気をツムグハグの記事に
漂わせることができないかなぁと僕たちは考えました。
そして本棚から、ハセショのお二人のお話が書かれた本を取り、
広げて読むように、お話を書(描)いていこうということになりました。

この記事を書くにあたって、もう一つ裏話があります。
「お仕事図鑑って、なんで書いているの?」だったかな、

僕たちの思考の水面に一石を投じてくれました。

「なんで書いているんだろう…」

そうそう、初心を思い出そう。

そして、『将来、本屋をしたい君へや』を書き入れました。

君へと書きながら、実は、

自分たちの道しるべとしているんだなと思います。

小さいかもしれないけれど、僕らの中では、

新しい試みのお仕事図鑑 が始まりました。

これからしばらくハセショさんのお話、続きます。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

告白してくれてありがとうー!
12

Chi*pui

京都・大山崎町でミニコミ紙『大山崎ツム・グ・ハグ』取材・イラスト・レイアウト・ひとり編集部員・編集長 chi*pui https://www.facebook.com/chipuipui/?ref=bookmarks

大山崎ツム・グ・ハグ

京都と大阪の府境の小さな町・大山崎町で京都新聞大山崎地区に折り込まれる地域限定リトルプレス。毎月第4木曜日発行。

コメント4件

本屋さんって、僕が子供の時に比べても格段に減りました。僕なんかより先輩からみればもっと隆盛を知っていますよね。今残っている本屋さんで賑やかな本屋さんって、すごくいいなぁって思いました。町にそんなお店があるのは素敵だなぁって。
忠雄さん 小さい本屋さんはほんとなくなりましたね。行くのは大型店か、アマゾンか。ハセショさんに行くと、私の子どもの頃の商店街の賑わいが感じられて懐かしくほっとするんです^_^
ヘッダーのイラスト大好きな大好きなタイプ!密密密に書かれたものを隅から隅まで見るのが幼いころから好きで、ズームしてみました!かわいい!深い!
ズームまでしてみてくれたのね~♪見るたびに発見があるようなイラストシーンになればいいなと思っているんだけど、tamamiさんが見てくれるかもっとおもったら、描きこむのがますます楽しくなりそう^^ 忠雄さんもtamamiさんも偶然にも本の話題をアップしてたね。本の日なのかな^^私も積読をへらして読書しようっと♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。