自信がないからとあきらめられるの?

noteの中にこんなハッシュタグ企画があるのは知りませんでした。

モッコーBグル部さん主催 ノートバトン『ココセン』https://note.mu/notebaton/n/nb7cfea9ec4ea

『ココセンとは、この本のココにセンを引いた(そして励まされた、救われたなどの)エピソードです』

バトンが渡されてから、72時間以内(目安です)に140字以上~800字前後(本文のみ)で無料公開の記事を書くのだそうです。

そのバトンをいただいたときは、自己否定の真っただ中で、
「そんなに自分に厳しくせんと好きに書いて、わいに見せてーな」と
言われているような気がして、即「書いてみます!」とnote先輩に返信していました。

では、つたなく、ちょいネクラな文章にしばしおつきあいください。

毎月自己否定ウィークというのがやってきます。こんなんじゃダメだウィークとでもいいましょうか。とくに先月は誰にも会いたくない症候群が来なくてもいいのに連れだってやってきよりました。

私のこんな症状の由来は、私の略歴をよんでもらえばわかるかと。『校正書簡』前半に書いていますのでよかったらどうぞ。

暗くじめじめしたナメクジ状態の私がなんとか先月も乗り越えられたのは、家族がナメクジ女を適当にあしらい、ときに笑いネタにしていじってくれたのと、時々頭の中に浮かんでくる『のだめカンタービレ』ののだめや先輩、先生たちのセリフ、わがまま推奨心理カウンセラーから毎日届くメールマガジンや何冊かの本から投げかけられる甘やかしの言葉の数々のおかげ。

今回ここで紹介するのは、その本の中からジュリア・キャメロン著の「ずっとやりたかったことを、やりなさいーThe Arttist's Way」の言葉を。

著者は、作家兼ディレクターで、夢をあきらめた、またはあきらめかけているプロアマ問わずのアーティストたちに創造性を養うためのワークショップをおこない、何人もの人を立ち直らせている女性。

その彼女が立ち直らせるためにかけた言葉の数々。
いくつもあって全く絞り切れないのだけれど、
評価や結果を気にし自分に完璧を求めてはダメ出しをする私に、「あなた自身はどう生きたいのか、あなたが決めるよ」と投げかけてくれた一言をココセンとしておきます。

『自信がないからという理由で、自分の夢を捨ててしまうのは、自分自身に責任をもたないということである。創造的に生きるかどうかを決めるのはあなた自身であって、まわりの人や友人ではない』

私にバトンを渡してくれたのは、自由自在に文章やイラストを書いて披露し、私たちを楽しませてくれるやすのりさん。
https://note.mu/yasunori68

師匠ともよばせてもらっているやすのりさんからバトンが来るなど思いもよりませんでした。
やすのりさん、いい機会をいただきありがとうございました。

そしてバトンを渡すのは、イチジクさん。
https://note.mu/yururikurari

最初にみた彼女のノートは会社を辞めた時の心のひだをつづったものでした。今は日々目にするものを彼女の穏やかな感性でつづられていて、その時の流れに同じ経験を持つ私も和むのです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

今までに投稿された「ココセン」の記事一覧はこちらから読めます。https://note.mu/hashtag/ココセン

#ココセン #notebaton #エッセイ











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

告白してくれてありがとうー!
19

Chi*pui

作業の合間にひとりごと

好きな音楽を聞きながら、作業をしててふと思った悲喜こもごもなあれこれ

コメント7件

イチジクさんもわかっちゃいますか(笑)「誰にも会いたくないねん…」と暗い顔してつぶやいたら、家族におなかを抱えて笑われました。えー、そこ、笑うところ?とツッコもうとしたけど、なんだかアホらしくなっちゃって、一緒に大笑い^^
ココセン、何を書くか悩みますが、それも楽しいもんです。楽しみにしていますよん♪
自己否定ウィーク、ありますよねぇ...。
Chi*puiさんのご家族の距離の取り方?が良い感じです(^^)
それから、この本は知りませんでした。
くよくよした時に、ちょっと背中を押してもらえそうな、気合を入れてくれそうな、そんな本ですね。

あと、師匠とかとんでもない(笑)。時々降臨される「師匠」、あれは忘れてクダサイw
私はnoteに間借りする、ただのちっさいおっさんですからww

タイミングよくバトンをお渡しできたようでよかったです♪
こちらこそ、ありがとうございました(^^)

それから、「#ココセン」と「#notebaton」のハッシュタグを入れておけば、マガジンに登録してもらえますし、ハッシュタグの検索で読みに来てもらえますよ(^^)
やすのりさん 読んでくださってありがとうございます。
ひねたり、ねたんだり、逃げようとしているこころ模様をズバズバ指摘してくれ、ぐさぐさくるのですが、それはあなたのせいじゃないのよと頭を撫でてもらっているような読みごこちです。元気になれるんです^^
師匠が時々降臨されるちっさいおっさんなのですね。私からすれば、コミュニケーション力やイラストに文章のセンスよさは師匠なんですが、これからは心の中で「師匠」とつぶやいておきます。
「#ココセン」と「#notebaton」のハッシュタグ、入れてたのに書きなおして公開するときに消えてしまったようです^^;教えてくれてありがとうございます。
notebaton本部さま #notebatonと公開設定の時にはつけていたのですが、やすのりさんからついていない旨を教えてもらい、本文にもつけるのかなぁとつけたのですが、なんででしょうね^^;
見つけてくださりありがとうございました!またフォロー&マガジンへの追加もしていただき、うれしいです。励みになります。
紹介した本は、noteで活動されている方なら誰しもが思い当たること、励まされること満載な本です。私も聖書のように毎日どこかしら読んで励まされています。
notebaton本部さまも落ち込んだりされているんですね。続くとつらいですよね。そんな時はパワーや癒しになると思いますので、ぜひ♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。