好きがとまらない

20
ノート

漫画を描いたよ奮闘記

先日、創作漫画『沼に棲む』をアップしました。
読んでくださった方、スキしてくださった方、ありがとうございます。

昔から”漫画のようなもの”はたくさん描いてきた私ですが、「コマ割りをして、背景も描き、ひとつの話として完結させる」、いわゆる本格的な漫画を描いたのは、これが初めてです。

とはいっても、さすがに何の準備もなしに、30ページを超える作品を描いたわけではないです。以前アップした『雨の降る街

もっとみる

バーチャルライブで空を飛ぶ -FORTNITE-

こんばんは。
朝の4時に起きたので、頭痛がヤバい泥水です。

普段はとにかく10時でも11時でも気が済むまで寝ないと、日中ろくに活動できない私が、こんなにも早くに起きたのには理由があります。

ライブがあったんです。

もちろんさすがに本当のライブではないです。
朝4時に行われるライブて!始発もまだ出とらんぞ!

ライブはライブでも、ゲーム内でのライブイベントです。
ただし、そのイベントに出る人物

もっとみる

髑髏城の七人 -廻り続ける物語-

「浮世の義理も 昔の縁(えにし)も、三途の川に"捨之介(すてのすけ)"!」

しびれ上がるほど、かっこいい名乗り。
これは『髑髏城の七人』という舞台の、主人公 捨之介のセリフです。

こんな、たまらなく最高の台詞が、とてつもない演技力の役者さんの口からバンバン飛び出し、とんでもない殺陣・アクションが繰り広げられ、そしてなにより、”人間の業”がこれでもかと詰め込まれた「物語」・・・。

すべてを揃え

もっとみる

「マルフォイ」の意味、知ってます?

『ハリー・ポッター』を読んで以来、つくづく思ってることがあります。

キャラクターの名前って、めちゃくちゃ大事だな!!

突然なんなんだって感じですよね。私もそう思う。
いや、今ですね、とあるキャラへの愛が強すぎて、どうしていいかわからないんですよ。大声で叫びながら草原を裸足で駆け抜けたい。

私の好きなキャラの名前がかっこよすぎるんですよ!!!!!!!!

この記事は、オタクが早口で喋ってるだけ

もっとみる

キュウレンジャーよ、永遠に

2017年の2月12日に始まり、本日、2月4日に終わった特撮番組、『宇宙戦隊キュウレンジャー』。

私は、最高の最終回をリアルタイムで見られた感動と、「ほんとに終わっちゃったんだ・・・」という悲しみで、朝の間、しばらくぼんやりしていました。

ようやく理性が戻ってきたところで、大好きな『宇宙戦隊キュウレンジャー』について語りたいと思います。

※以下、全話にわたるネタバレが含まれます※

『宇宙戦

もっとみる

M.S.S Project ~中2の魂よ、永遠に~

「好きなバンドの出てるCDは全て買わなきゃ」
「ライブツアーには絶対に行かなきゃ」
「特集雑誌は全部チェックしなきゃ」・・・。

なにかの「ファン」でいることは、時々とても苦しいことだ、と思います。
金銭的にも、時間的にも、体力的にも。

そんな私を、あるライブでメンバーの一人が言ってくれた言葉が、優しく解放してくれました。

ファンでいる、追っかけるのって、すごく疲れると思うんだよね。
だからね

もっとみる

二次元の”推し”が実在する世界

先日、アニメ舞台化作品のライブビューイングに行ってまいりました。
千秋楽のショーを映画館でカメラ越しに見られる、というやつです。

今まで宝塚、歌舞伎、特撮ショー、劇団☆新感線など、それなりに舞台を見てきた私ですが、「アニメを舞台化した」作品を観るのは初めてでした。

アニメを舞台化する。つまり、二次元を三次元にする。

好きな漫画やアニメの実写映画化は結構ありましたが、舞台となると、これはまた別

もっとみる

気になる作品、キャラで見るか?世界観で見るか?

某打ち上げ花火みたいなタイトルになりました。

映画、ドラマ、漫画、アニメ・・・全てを網羅するのは無職の私ですら無理というレベルで様々な「作品」が生み出されている現代。

私は「作品」の”媒体”自体にこだわりはありません。

オタクではありますが、「アニメならなんでもいい」「漫画なら何でも好き」というわけではないのです。

映画でも、ドラマでも、漫画でも、アニメでも、「面白い」と思ったら見る。

もっとみる

笑点 -大乱闘スマッシュおじいちゃんズ-

日曜日、5時半、日テレ4ch。テレビをつけると流れる、いつものテーマ。
おそらく「一度も見たことがない」という人はなかなかいないと思います。

みなさまご存じ、その名も『笑点』。

私はこの番組にドップリはまりすぎて、一時期は観覧応募が当たろうが当たるまいが毎回必ず通うほどでした(今は当選しないと入れません)。

今回はこの、愛する『笑点』について語りたいと思います。

日本の国民的番組『笑点』

もっとみる