めが_00

映画『メガマインド(吹替版)』感想メモ

amazonプライムビデオで視聴:『メガマインド(吹替版)』

あらすじ
とある惑星が爆発の危機に瀕し、青い皮膚で大きな頭をした赤ん坊が緊急脱出ポッドに乗せられて宇宙へ旅立った。同時刻、別の惑星からも、スーパーパワーを持つ赤ん坊が、緊急脱出ポッドで宇宙へ飛び立つ。2人は同じ惑星の、同じメトロシティという場所に落ち、やがて「街を守るヒーロー」と「街を脅かす悪」という宿敵になった。

悪役となった青い顔の男は「メガマインド」。街を守るヒーローは「メトロマン」。メガマインドが美人TVリポーターのロクサーヌを誘拐してはメトロマンが彼女を救う、メガマインドが騒動を起こしたらメトロマンがメガマインドを倒して刑務所へ送る。そんなお決まりの日々が続いていたある日、メガマインドは、メトロマンを倒すことに成功してしまう。

メトロシティを支配したメガマインドは意気揚々と悪事を働きまくるが、だんだん虚しさを覚えていく。「悪いことをしても、止めてくれるやつがいない。」物思いにふける彼は、やがて思いつく。メトロマンのDNAからスーパーパワーを採取し、ヒーローに適した人物に注入することで、新たなヒーローをつくることを。しかし、彼の”つくった”ヒーローは、私利私欲のためにしか力を使わず、メガマインドと組んで街を支配しようと持ちかける、駄目駄目なヒーローだった。そこでメガマインドのとった決断は・・・。


※以下、ネタバレ含みます

・日本のアニメで例えるなら「バイキンマンがアンパンマンを倒してしまったらどうなるか?」を描いた作品
・メガマインドが根っからの”悪”ではなく、育っていく過程で「自分の才能に気づき、それを伸ばそうと決意した」結果の悪党なのが面白い
・宿敵を失った悪役の悲しみ、失望、切なさ、驚き・・・
・メガマインドめっちゃメトロマンのこと大好きでかわいい
・ヒロインのロクサーヌが知的で頼れる女性でかっこいい
・メガマインドの発明品がとにかくワクワクするものばっかり
・「倒してくれるヒーローがいない・・・」→「自分でつくろう!」
・悪役がもうしみついてしまっているんだなあ・・・
・コブンギョ(メガマインドの子分の魚)が有能かつかわいすぎる
・「自分が本当は何をしたいのか、何になりたいのか」に気づく物語
・メガマインドは悪役だけれど決して「悪」ではない
・メトロマンもヒーローだけど決して「完璧な英雄」ではない
・彼らは人と違う力や容姿を持っているけれど、それによってどんな道を選ぶかは彼ら次第であって、他人が決めることじゃない
・ハッピーエンドで、戦闘もかっこよくて、とにかく良作品だった
・ラストのメトロマンが良い味だしてる
・こんな神作品がなぜ日本未公開なのか・・・

★★★★★

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると心身ともにうるおいます(主にご飯代にさせていただきます)。ここまで読んでくださってありがとうございました!

恐縮の至り!ありがとうございます!!
5

泥水

病気で無職なので無敵です

作品感想メモ

映画とか劇とかの感想まとめ ほとんど自分用のメモです

コメント4件

「メトロうシティの平和は私が守る!」
ドリームワークス作品は良いですよね!
個人的には「ランゴ」が好きです。
僕は映画を見ないのですが、アニメーション映画は大好きです!
キャラクター達の抱えている「痛み」を愉快で華やかに表現しているのを見ると「愛」を感じます。

悪役が健気に頑張っている姿を見るとなんだか、間違えることは、悪いことや無駄なこととは限らないと思えてきます。

かっこいいってなんだっけ?

そんな疑問に正面からぶつかっていく清々しい作品だと私は思いました。
>ひらぐうさん
正直なところ、私はドリームワークス作品自体をあまり知らず、『メガマインド』についても友人に勧められて観ました。『ランゴ』も初めてきいたタイトルなので、今度調べてみようと思います。情報感謝です!
「メトロうシティ」っていうメガマインドの間違い、かわいらしくて個人的にとても好きでした。
痛みを華やかに表現することの愛、すてきな言い回しですね・・・ なんとなくわかります。
このたびはコメントありがとうございました!
すみません、「ランゴ」はドリームワークスは無関係ではないものの別名義の製作らしいです。
誤解するようなことを言って申し訳ありませんでした。
>ひらぐうさん
ご丁寧に訂正までいただき恐縮です。
お気になさらないでください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。