あき大介

あき大介文案室(仮名)代表。現在ヴァカンスに出ております。

それはミシシッピアカミミガメである

髪の毛は少ないが欲も少ない。

 こう書くと、ハゲのくせに善人ぶっていると思われるかもしれないが、欲が少ないのは善人でも何でもない。単に生命力が弱いだけだ。欲が少ないというのは、生物学的には欠点と言える。人生においても不利である。

 金が欲しいとなりふり構わず努力できる人が金持ちになれる。金メダルが欲しいと常識を越えた練習に耐えられる人が金メダリストになれる。金玉をでかくするために日々鍛錬できる

もっとみる

逆襲の巨人ファン

私は、便宜上、巨人ファンである。

 昨夜の首位広島との一戦では、熱戦を制して、その差をひとつ縮めた。夜のニュースでそれを知り、私は、会社員であった頃の自分を思い出した。人付き合いに難のある私が、人に合わせようと懸命だった頃だ。

 ある日、社長が「君は、野球はどこのファンや?」と訊いてきた。

 すでに社会人として抜群のコミュニケーション能力を身につけていた(と思い込んでいた)私は、社長が巨人フ

もっとみる

まったく役に立たない「シン・ゴジラ」鑑賞記

私は、ガメラ派である。

 ゴジラがシェーをすることも、空を飛ぶことも認めない。子供の頃に映画館で観て、その子供だましの演出に腹を立てたことを記憶している。

 初代ゴジラの中で、「(戦死した)お父さんの所に行こうね」と死を覚悟した母子のあのリアルな演出はどこに行ったのだ。やはり、これからはガメラだな。ガメラ万歳。

 だが、ガメラも次第に子供の味方というふざけた存在に落ちぶれ、私は怪獣映画から離

もっとみる

820円のビーフカレーの幸福

昼にビーフカレーを食べた。

 820円である。最近は節約生活が続いているから、なんかものすごい贅沢をしたような気分になった。肉も大きめで、安物レトルトカレーの肉のカスみたいな存在とはちがうのである。

 うめーっ、と5分で平らげた。

 こんな贅沢をすると、回りの目も気になるのである。

 外に出た時、自販機の前に数人の兄ちゃんがたむろしていた。店から出た私をチラッと見たような気がする。ボソボソ

もっとみる

シアトルラテと尻の跡

朝から来客があった。

 うーん、あのオッサンの仕事は面倒なのが多いから、クーラーは控えめでいいな。よし、30度に設定しておこう。外気温と比べれば、十分に涼しいだろう。

「ご無沙汰しております」

「やあ、相変わらず落としたコロッケも平気で食ってるのかね?」

 ふと見ると、彼の手にはコンビニの袋があった。

 お、スタバのシアトルラテを差し入れか。気が利くではないか。確か210円だったな。よー

もっとみる

台車でGO

ケータイが鳴った。

 見ると近所に事務所を構えるグラフィックデザイナーである。デザイナーのくせにセンスが悪く、仕事は投げやりで冒険もしない。予算も少ない仕事が多く、あまり付き合いたくない相手だ。

「どうした。また振り込みが遅れるのか?」

「ちがうちがう」と何やら苦しげな声である。「助けてくれ」

「金なら貸さんぞ。本も貸さん。前に貸した『ARMS』全22巻も、その前に貸したアラーキーのちょっ

もっとみる