ゲーム作りで気をつけている、プレイヤーの意思決定のデザイン

僕がゲームをつくるときに気を付けている点のひとつに、「プレイヤーが意思決定シーンを多くすること」があります。

たとえばカードゲームなら、プレイヤーがA・B・Cという手札を持ったときに、 ”Aを出すべきか…Bを出すべきか…いや、もしかしてCかも…” と迷ってから自分でどうにか決断して、カードを出すようにするということです。

また逆に、 “この場面なら、考えるまでもなくA出すよね” や “何がいいのか全然分からないから、適当に出しちゃえ” というパターンをできるだけ減らします。

そうなってしまうと、プレイヤーが意思決定する余地、あるいは価値がなくなります。するとゲームは、つまらなくなるからです。

意思決定が自分ででき、それが結果に影響を及ぼしているという感覚がもてるからこそ、プレイヤーはゲームについて真剣に考え、入り込むことができるからです。現実でも、そうじゃないでしょうか?

ゲームで遊ぶことで、そういう感覚を身近に持って、価値を感じてほしい。だから僕は、プレイヤーの意思決定シーンが多いゲームを作ることにしています。

そして最後に宣伝ですが…そんな気持ちで作ったゲームを、5/5(土)にビッグサイトで開催するゲームマーケット2018に出展します。D66のブースの、東京ゲームメイカーズというサークルです。

『カルテカ』(トップ画像のゲームです)というチームで戦うポーカーと、『切り裂きジャックは誰?』という人狼にちょっと似ているゲームです。ご興味あればぜひ。

★Twitterもやってます。これからどうぞ、よろしくおねがいします。

♥スキをいただけた方には、リアクションでオススメのボードゲームをご紹介してます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 いただいたサポートは新作ボードゲームの開発費用や、テストプレイ会で振舞うお菓子代に使います。

『真打』スタイリッシュなデザインと骨太ゲーム感。落語いきたい。
42

ミヤザキユウ|ボードゲームデザイナー

ボードゲームデザイナー/株式会社バンソウ取締役 ボードゲームづくりを仕事にしています。主にゲームデザインについて書きます。記事にスキをいただくと、オススメなボードゲームをご紹介します。 お仕事のご依頼・ご相談は、noteの仕事依頼ページのフォームからお願いします。

ボードゲーム

ボードゲームのnote
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。