grow up baby 彼女はすごかった

つわりがあったり、貧血気味だったり、立ち上がりや座るとき慎重になったり、日常生活に神経をつかうようになりました。

もともと体は丈夫なので、夜遅くまで起きていられなくなったり疲れやすくなった体との付き合いを探る日々です。

なんの前触れもなく襲ってくるつわりに振り回され、おおー元気に成長してるわ順調ね、よしよし。と、思うようにしていても、やはりつらい・・・そんなときに思い出す人がいました。

昔アルバイト先にいた人で、私と年は同じか一つちがいくらいで、既婚の方でした。おっとりしていて控えめでやさしいけど、話すと自分の好きなものに夢中な側面もあってすてきな人でした。

ぼんやりと、ああ、こういう人が結婚できるんだなーと思っていました。
当時の私は結婚願望などなく、人とつながることのデメリットしか知らなかったので家庭をもつ人とのあいだに大変な隔たりを感じていました。

そんな彼女が妊娠して、まわりが無理しないでねと言い、私もどう接すればいいのかわからないながらも気を使い、お腹が目立つようになるまで彼女はしっかり勤め上げたと思います。退職するときには心のこもった手紙とお菓子をおいていってくれました。

それを思うと、あの人すごかったんだなーと、ベッドに横になり天井を眺め気持ち悪さでめそめそしながら彼女の強さを感じました。しっかりしていて立派なお母さんだなあと。

その立場になってみないとわからないことはある。
わからないながらも想像することは大事だけど、身をもって知ってやっぱりすごいんだと思いました。

SNSをのぞくと二人目もすくすく育っていてやはり立派なおかあさんをしているようです。すごいながんばれ!と思いながら、私もがんばりますと気持ちは前を向けます(気持ちだけね、体調は後ろ向きなこと多いのですまだ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、私が気になっているクラウドファンディングの応援や体験に使わせていただきます。また、それをこちらで共有できたらいいなと思っています。

ありがとうございます、心が晴れやかな日になるといいですね
4

zu

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。