見出し画像

春日部とモブサイコとしんちゃん

バタバタした日が続いて、先々週末の日曜の日記。日が空いたなぁ。


雨の中半袖で家を出た。大丈夫大丈夫!と言ったものの全然大丈夫じゃなかった。この歳になって、衣服による温度調節がうまく出来ない。



日曜にモブサイコ100のアニメイベントが春日部であり、行ってきた。昔アルバイトをしていたことがあり、実に7年ぶりに降り立った春日部駅は、クレヨンしんちゃんであふれかえっていた。



春日部のイトーヨーカドーは少しだけ特別で、クレヨンしんちゃんの作中に登場する「サトーココノカドー」の幟が掲げられている。サトーココノカドーのネーミングセンスってすごくない?漫画やアニメに登場する「何かを少しもじった名前」の中でもピカイチだと私は思う。かわいいバッグも売っていて、買えば良かったと少しだけ後悔している。

埼玉を紹介したり、店長になったり、今のキャラクターたちは本当に働き者だ。クレヨンしんちゃんは何をしててもかわいい。




春日部は変わったオブジェが多い気がする。1枚目の銅鐸みたいものはフォルムもシャープで、変形して飛んでいきそうだ。しかもでかい。こういうよくわからないオブジェが好きなんだけど、なかなか理解されない。




駅の東西を結ぶ地下の連絡通路には、海中を表現したようなイラストが書いてあった。私はこういうのがなんとなく怖い。




本題のモブサイコ100のアニメイベントはとても良かった。

アンケート結果を交え、名場面を声優さんと監督が振り返るトーク、新規OVAの先行上映、OP主題歌を担当するバンドのライブという構成。

宣伝されていたOVAの内容が、温泉旅館に悪霊退治に行くというものだったので「読者サービス回かな?」などと甘く見ていた。温泉回=サービス回と勝手に連想してしまうのは私の悪い癖だと思う。ストーリーは最初から最後までよく練られていて、すれ違う部下と上司のやり取りが、アンジャッシュのコントのようでとても面白かった。終始笑いが絶えないし、それでも最後ゾッとする終わり方など、悪霊退治にテーマが回帰する感じが流石だなぁと思った。ぜひモブサイコ100が好きな人はOVAを買って欲しい。


帰り際にTwitterを通して知り合った方と食事をして帰った。初対面だったもののとても素敵な方で、モブサイコや他のコンテンツについて話していた。楽しすぎて今思い出すと夢だったんじゃないかと思う。

美味くて安いピザ。写真を撮り忘れた。




現代のオタクにとってTwitterは必須ツールとなりつつあるが、私はめちゃくちゃTwitterの恩恵を受けていると思う。こうして実際に、趣味の合う方とお話する機会も得られたわけで。ありがとうTwitter...ありがとう会ってくれた人達...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございマース
2

鈴木

一般人の日記、雑記です。ボケ防止のために始めました。なぜか食べ物についての内容が多いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。