見出し画像

フィギュア制作とタピオカ、他

フィギュアの制作作業を!

したぞーーー!!!!


仕事が立て込んでいることもあり、日記更新とフィギュア制作がなかなか出来ずにいた今週。早く嵐から抜け出したい。

「週末、一人で作業ともなれば絶対捗らないだろう」という確かな確信のもと、友達の家で作業させてもらった。めちゃくちゃ捗った。ありがとう。

作業したのは向かって右腕。写真だとわかりにくいが、セーターのシワを彫りました。左腕と比べると、なんとなく凹凸がついた。しかし服のシワなんて正直よくわからない。自然と生み出される服の「うねり」なんて、再現しようがない。自分なりには頑張ってみたつもりだが、つくづく世の造形師や絵描きさんはすごいと思う。森羅万象を把握しているのか。

正直間に合う気がしない。が、どうにか間に合わせて展示したい。頑張るぞ!



あとはいつもの食べたものと、その他の記録です。



スタバの新作「レモンヨーグルト発酵フラペチーノ」。ツイッターでの評判が良く飲んでみたが、とても美味しかった。サッパリとしたヨーグルトのベースにレモンのソース?が合っていて甘ったるくなく飲みやすい。サクサクと心地いいチーズのクッキーのようなものもアクセントになっていて良かった。普段のフラペチーノが苦手な方にもオススメできそう。630円。

いつも「ツイッターでの評判」をきっかけに私は飲んだり飲まなかったりしているが、情報元は「ナガノさん」という方のツイートだ。

ナガノさんといえばLINEスタンプの「自分ツッコミくま」でお馴染みのイラストレーターさんだが、可愛らしいくまちゃんと水彩タッチで色々な食べ物レポもツイッターで取り上げている。オシャンメニューばかりかと思いきや、コンビニアイスから吉野家の新メニューまで幅広く、庶民でも手の届く食べ物のレポをしてくださってるのが魅力だ。そしてどれも美味しそう。

ナガノさんは漫画もツイートされていて、とても深くて面白いのだけど、それは今度日記にできればと思います。




Yellow Spiceのスープカレー。豚角煮の具材で1,200円。

スープカレーってなんとなくカレーの出来損ないのようなイメージが私の中にはあった。(ひどい偏見) が、見事に覆されたのがこのスープカレーだ。スパイスが効いたスープの中に焼き野菜がたっぷり入っていて美味しい。スープと辛さが何種類かから選べて、私は赤のスープ(トマトベースのガーリックチップが入っているもの)が好き。辛さは4番を選んだけれど、軽く汗をかくような辛さだった。




閉じ込められた七夕。




おろしカツ定食(ヒレ)。1,150円。サクサクで美味しい。

このお店は至る所に豚のモチーフがあってかわいい。かわいいのだけど、どこか切ない顔をしている。どんな感情?




味付き卵にハマっている。スーパーで買っていたが、思った以上に高かったので自分で作り出した。ういやつ。




ツイッターで見かけて気になっていた渋谷のタピオカ。私の情報源はツイッターしかないのか。

黒糖タピオカミルクMサイズ650円。タピオカは黒糖系で甘みが強く、めちゃくちゃ柔らかい。ミルクティーは癖がなく、牛乳が強く飲みやすい。上記価格に+80円でタピオカを増やしたり、無料で甘さや氷の量などを調節できる。もちろんタピオカマシマシ、甘さヒカエメで頼んだ。最初は「これは美味いぞ!」と思って飲んだものの、思った以上にタピオカが甘く、終盤にはやや飽きてしまった。タピオカは増やさないくらいがちょうどいいかもしれない。黒糖系の甘いタピオカが好きな人にはおすすめ。

このタピオカがあったのは7階のフードコートのような場所で、ナウなヤング向けに、丸いガラスのような照明がたくさんぶら下がっていて「映える」空間となっていた。余計なお世話だろうけど、オシャレ照明を見るたびに「今地震がきたらやだな」と思ってしまう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございマース
1

鈴木

一般人の日記、雑記です。ボケ防止のために始めました。なぜか食べ物についての内容が多いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。