オリジナル曲制作中のどうしても降りてこない時の僕なりの対処法

オリジナル曲制作中に誰でも経験したことがあるであろうことの一つ

降りてこない現象

とりあえず作りたい!なのに降りてこない!っていう状態が一番もどかしい気分になります

この時に試し欲しい僕なりの対処法を3個紹介します

※楽器を何か弾けることを前提とします

●リズムパターンを打ち込んでループ⇨ジャムる

普段からよくやってることなのですがループさせてギターでもベースでもピアノでも何でもいいからその時の気分でテキトーにジャムります

これはバンドマンでもスタジオ練習での空き時間だったりでよくやることです

このテキトーにジャムった時にかっこいいフレーズが出る時があります

手グセ+その時の気分=偶然から生まれたフレーズ

と言ったところでしょうか

いわゆる無理やり降りさせるといった方法なのかもしれませんね

ちなみに僕はむしゃくしゃした時が一番ハードコアな曲が生まれやすいです

●既存曲からコード進行をパクる

コード進行には著作権などありません

既存曲からコード進行をパクってベースラインなりを打ち込んだらそれに合わせて楽器を弾いてみます

そうした時にハッと!良いフレーズなりメロディーラインが思いつくことが結構あります

個人的にはコード進行から作った場合は楽器隊よりもメロディーラインが先に思いつくことが多いのでこの場合、僕はメロディーが早い段階で出来上がっていきます

降りてくる順番などは人それぞれなのであくまでも参考で

●降りてくる場所に行く(個人によって場所は違います)

会社やお風呂の中だとメロディーが降りてくるのに

作業デスクの前に座った瞬間にあれ?さっき降りて来たのは何だった?ということがあります

まるでゲシュタルト崩壊のようなことです

僕の場合は降りてきやすい場所はお風呂の中と会社で淡々とした作業をしている時なので作業デスクの前でダメならばお風呂に入ってじっくり考えたりします

場所は個人差があるので降りて来たらその都度スマホのボイスレコーダーなどで録って保存しておくと良いです

●終わりに

オリジナル曲を作る際はその時の気分だったり体調でも降りてくるものが違います

仕事でストレスなどたまるとハードコア系の凶暴な曲を作りたくなったりしますし気分がいい時は明るい曲を作りたくなります

うまく自分のコンディションを管理しながら楽曲制作をしていきたいと思います

というわけで今日はこの辺で!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が良かったと感じていただけたらサポートよろしくお願いします!

Twitterにてシェアしていただけると嬉しいです!
2

zunx2の暇つぶしDTMマガジン

zunx2の暇つぶしDTMマガジンです DTMのネタ、MIX、マスタリング、打ち込みの仕方などです ブログ:zunx2dtm.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。