音感トレーニング実践講座|メロディ編③

ここでは音感のアウトプットのトレーニング、階名からを思い出すスキルの鍛え方を具体的に紹介しています。動画や図解、音源のサンプルも豊富に用意しわかりやすくスムーズに進められるようになっています。例題に挑戦しながら実践的に学んでいきましょう。

この記事のトレーニングはずっしーのサイトの耳コピアレンジ習得法「音感の鍛え方~音階編ラスト~」を読んで理解したうえで取り組んでください。

Ⅰ.「階名→音」方向のアウトプット

前章に続き、アウトプットのもう一つ「階名→音」の方向を鍛えていく方法の話をしましょう。

この方向のアウトプットがスムーズにできるようになれば、作曲編曲や即興演奏などのスキルにつながっていきます。なぜならこのアウトプットができるようになるということは「自分の頭の中だけでメロディを自由に再生できるようになる」ことを意味するからです。

自分の引き出しの中にあるパターンであればそれを自在に脳内で再生し、頭の中だけでも簡単な曲を作ることができるようになるのです。この頭の中で自在に音をイメージする能力が作編曲や即興演奏には必要というわけです。

アウトプット_音

ただこの「階名→音」の方向のアウトプットは前章の「音→階名」の方向より難易度は高いです。「方向が違うだけで難易度変わるのか?一方ができればもう一方もできそうじゃん」と思うかもしれません。ですが、実際そうはいきません。

これは漢字で例えるとわかりやすいです。みなさん、「読めるけど書けない漢字」ってけっこう多くないですか?これは「書く→読む」の方向はできるけど「読む→書く」の方向は難しいということです。でも「書けるけど読めない漢字」って無いですよね。

このようにあらゆるもののアウトプットの方向には上下関係が存在するのです。これが意味するところは、難しい方のアウトプットができれば簡単な方のアウトプットは自動的にできるようになるということでもあるのです。

この続きをみるには

この続き:5,911文字/画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。(④は11/2、⑤は11/9にそれぞれ追加予定)

または、記事単体で購入する

音感トレーニング実践講座|メロディ編③

ずっしーの耳コピアレンジ講座

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。(④は11/2、⑤は11/9にそれぞれ追加予定)
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

ずっしーさん、具体的な記事をありがとうございます。
一つ気になったことがあります。
「階名を思い出す時に、トリガー曲を使って思い出そう」という説明の後に、「階名をダイレクトに思い出すトレーニングをしよう」とあります。この時、トリガー曲を絡めて思い出していると実用的でない気がするのですが、どうなのでしょうか。直前に聞いた音をトリガーに思い出すのは確かに成長がなさそうではあるなあと思って納得したのですが、それだとトリガー曲を絡めても同じような気がして...
>まささん

トリガー曲を使う意味というのは、まず何も手がかりがない状態から「階名を引き出す道を頭の中に作る作業」という感じです。要は最初の手がかりが何もなければ練習しようがないよねということですね。ですからある程度この作業を繰り返していればトリガー曲を使うことなく階名を頭の中から引っ張り出せるようになります(道が完成するわけです)。
この話と「直前に聴いた音に頼らずダイレクトに頭の中から引っ張り出す」というのは両立します。上のトレーニングによって完成した頭の中の道を通って音を引っ張り出すのが大事で、直前に聴いた音との比較は避けようという話です。
納得いただけたでしょうか?
なるほど、理解しました。ありがとうございます。その「道」の形成は割と直ぐに出来るものなのですかね?
>まささん
遅くなりました、すみません。僕の経験という1サンプルではありますが、ある瞬間に「はいできた!」とわかるようなものではなかったと記憶しています。だんだんと精度が上がっていくという感じで、できるようになったと思ったら違う場面で「あれ、またここ外したな…」と思うことも結構ありました。それこそたくさんのフレーズを覚えていくとその記憶の数だけ盤石な音感が形成されていくという感じですかね。
ともあれ、結果を急ぎ過ぎると失敗します。「いついつまでに絶対に達成したい」と思うあまり目の前のことがおろそかになって返って遠回りしてしまう、ということを僕は何度も繰り返してしまいました…経験的には一つ一つの作業を楽しみながらやっているときの方が実は効率よく成長できていたなといった感じです。何より練習がつらくないですし!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。