音感トレーニング実践講座|メロディ編②

ここでは音感のアウトプットのトレーニング、つまり音を聴いて階名を思い浮かべるスキルの鍛え方を具体的に紹介しています。またずっしーの音感トレーニングアプリの使い方もまとめました。動画や図解、音源のサンプルも豊富に用意しわかりやすくスムーズに進められるようになっています。例題に挑戦しながら実践的に学んでいきましょう。

この記事のトレーニングはずっしーのサイトの耳コピアレンジ習得法「音感の鍛え方~音階編ラスト~」を読んで理解したうえで取り組んでください。

Ⅰ.「音→階名」の方向のトレーニング方法

アウトプットには2種類の方向があるんでしたね。ここで扱う「音→階名」の方向のアウトプットは「音を聴いてそれが階名で何の音かわかる」という能力。これはそのままダイレクトに耳コピ能力につながります。

アウトプット_階名

ここで紹介する方法でアウトプットを鍛えていけばメロディを耳コピする能力がつくということです。目指すその耳コピレベルは「鍵盤で探り探りメロディを取っていける」というものではなく「メロディを聴いただけでその階名が浮かび正誤を鍵盤で確かめることなく確信できる」というレベルです。

これができるようになれば頭の中で思い浮かべたメロディも階名として聞こえるようになります。

あまり知られていないことですが、このような音感が備わっていると演奏も間違えにくくなるという効果もあるのです。意味も分からず鍵盤の順番を丸暗記するのと違い、「音感 ⇔ 調 ⇔ 階名 ⇔ 鍵盤」のように記憶がいくつもの要素とリンクしているため意味のある動きが見えて、ど忘れなどすることがなくなるからです。もちろん、曲を覚えること自体もどんどん楽になっていきます。

さてさてそんな一石三鳥な音感を是非とも身に着けていきたいですね。ここからは「音→階名」の方向のアウトプットトレーニングの具体的な方法と取り組み方を例題とともに紹介していきます。はりきっていきましょう!

この続きをみるには

この続き:4,676文字/画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。(④は11/2、⑤は11/9にそれぞれ追加予定)

または、記事単体で購入する

音感トレーニング実践講座|メロディ編②

ずっしーの耳コピアレンジ講座

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。(④は11/2、⑤は11/9にそれぞれ追加予定)
1つ のマガジンに含まれています

コメント5件

>kazさん

鋭いご指摘です。おっしゃる通り今のところハ長調を中心に例題等を構成しているのは、サイトでも解説したように「固定ド」の絶対音感を身に着けている方が「移動ド」を併用することで混乱し音感に悪影響を与える可能性を考慮したためです。(参考https://zussie-piano.com/abusolute-pitch/#i-2
さてkazさんのように幼少期の経験からうっすら絶対音感が身についている方が調性音感を身につける方法ですが、前述のように他の調で「移動ド」をそのまま使うのは混乱を招く恐れがあります。取れる方法は大きく分けて二つあります。

一つ目は「ドレミファソラシ以外のラベルで階名トレーニングを行う」というものです。方法論は紹介している移動ドのものをそのままに言葉だけ違うものを使うということです。例えば「ハニホヘトイロ」や「CDEFGAB」などですね。ただ文化的にこれらは固定音名として使われているものですから他者とのコミュニケーションにおいては注意しなければいけませんし、「エフ」などは二音節で使いにくい、調外の音をどうするかという問題もあります。(続く)
(続き)いっそ自分の中だけの階名を作ってしまうのも手です。ですがどちらにせよ絶対音感の固定ドと別のラベリングの両方が聴こえるようになるというのは困難が伴うと予想されます。したがって個人的にはもう一つの方法がおすすめです。

二つ目の方法は「固定ドのまま調性を意識する」というやり方です。単音の判別に関しては難しいことを考えずそのまま身についている絶対音感を使ってしまおうというものです。例えばハ長調で「ドレミレド~」というフレーズはニ長調で「レミファミレ~」と聴こえるでしょうが、調とスケールをしっかり意識することで(この図を頭に刻み込むhttps://zussie-piano.com/scalelist/)レミファミレと聴こえながらもハ長調でいうドレミレドと同じものだと認識できるようにするのです。
僕の知っている人で固定ド音感を持ちながら耳コピアレンジ即興演奏などのスキルに長けている人は皆このような認識で音楽をとらえているようです。(続く)
(続き)一つ懸念されることは絶対音感の性質上幼少期にのみその感覚が身につくものであり、kazさんが今の時点から精度を高めていくことが可能なのかどうかは不明という点です。ただ絶対音感がうっすらとでも身についていること自体は幸運なことだと思います。上記の二つ目の方法で向上できるとすればいずれは転調にも強い音感を身に着けることができます。

解決になりましたでしょうか?トレーニング頑張ってください、応援しています!
返信ありがとうございます。

おそらくなのですが、自分の場合は何も音楽を聴いていない、デフォルトで頭の中にセットされているキーがハ長調になるようです。
この状態だと自分は、「キー内の音はほぼ難なく分かる、キー外の音(黒鍵)は精度が落ちる。」
のような感じなのですが、本当にうっすらとした絶対音感モドキなので別のキーでドレミファソラシド〜と弾いても、最初の1回2回は違和感がありますがもう少し弾くとドレミファソラシド、と聞こえるように更新されるようです。
つまり頭の中のキーのセット(というよりハ長調からの書き換えというべきでしょうか)にうっすら絶対音感が邪魔するようですが、あくまでうっすらとしたものなので本当に強固な絶対音感を持つ人のように違和感を抱き続ける事は無いようです。

個人的な事なのでここまで書く必要があるのかと思いましたが、おそらく似たレベルの音感を持っている人も多いと思いますので、何かの参考になるかもしれないと思い書いておく事にしました。

音感にコンプレックスを抱いてきましたがずっしーさんの活動のお陰で解決しそうな気がしています、本当にありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。