見出し画像

「ワインみたいな日本酒」とは? 【たつみ清酒堂】スパークリング日本酒の会で考える

「ワインのような日本酒です!」という売り文句を聞くことがあります。
「ワイングラスで飲む日本酒アワード」というコンペティションがあります。

このような「ワイン風日本酒」を、どう思いますか?

「わかりやすい」という人もいるでしょうし、「ならワイン飲め」という声もあります。僕自身、代替食品のような本末転倒感はうっすらと感じます。

中でも、特に「スパークリング日本酒」は、ワインに「寄せに」いっているように思います。山梨県の「七賢」は、山梨のワイナリーで製法を学んだそうですし、awa酒協会の「水芭蕉」は「伝統的なシャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)」を前面に打ち出しています。

では、どれだけ「日本酒=ワイン」なのか? 

たつみ清酒堂(銀座店)で「スパークリング日本酒テイスティング会」が行われると知り、行ってきました。別に検証目的ではなく「暑い日はスパークリング飲みたい」からです。

テイスティングがすごい! たつみ清酒堂

会場のたつみ清酒堂は東銀座の路地裏にあるちいさな地酒(お店曰く「うまい酒しか置かない」)専門店。取り扱い数は抑えめながら、オーナーが心底ほれた酒蔵を丁寧に推すスタンスのお店です。こういうお店好きです。

(あべ、田光、せんきん、生粋左馬などが見えます。いい眺め…)

たつみ清酒堂のすごいところは、有料試飲。それも「専用のグラスで飲ませてくれる」ことです。書くと一文ですが、これってなかなか見ません。営業時は常時店内のカウンターで試飲可能なほか、今回のようなテイスティングイベントもよく開催されています。

イベント前の一杯にいただいたのが「仙禽 無垢」。こちらも「ワイン」と近い存在ですが、それは後述。おいしかった…。

たつみ清酒堂
東京都中央区銀座4-13-5/03-3542-2822
https://tatsumiseisyu-dou.com/

スパークリング日本酒は「ワインみたい」なのか?

こちらがスパークリングメニュー。いよいよスタートです。
今回の目玉は「あべ 秘密のスパークリング」。なんなら、これを飲みにきたといっても過言ではありません。

ラベルなし。現時点でわかるのは「どうやら古代米を使っているらしい」ということだけです。
酵母が元気な活性系のようで、抜栓に20分ぐらいかかっていました。(ふたをじわ〜と空気を抜きながらあけないと、勢いよく溢れてしまいます)。

飲んでみると、うん、ワインじゃない。

ドライというか、辛いというか、チリっとした刺激があります。甘みはあるものの、スパークリングワインのような軽やかなそれではなく、舌の上を這うようなザラザラとした細かい泡。

かなり白濁しており、オリも見えます。多くのスパークリング日本酒がおりをろ過する(シャンパーニュ製法だから?)のに対し、「あべ」はおりを残しており、むしろとろっとした「粘度」が感じられます。

続いては「陸奥八仙 natural sparkling」

きれいな泡、かるい飲み心地。リンゴのような酸味が心地いいです。
ワインというより、シードルっぽい印象です。

そして「福田 活性うすにごり」(写真なし)は…おいしい日本酒です。

三者三様でどれも夏にぴったりの味わい。そして独自の味わい。そして明らかに日本酒です。

※発泡清酒には厳密にいろいろありますが、今回は「泡の日本酒」として話を進めます。

「ワイン風日本酒」の正体は?

ワインに近いのでは、という印象のあったスパークリング日本酒は、全然ワインじゃありませんでした。では、「ワインのような日本酒」とは何なのでしょう。

3つ、あると考えます。

①ワインのようなスタイルで楽しめるお酒のこと

・おちょこではなく、「ワイングラス」などで飲むといける。(香り膨らむ)
・白ワインみたいにきゅっと冷やして飲むといい。
・お刺身、煮込みではなく、「ワインバーにあるチーズやオイル」にも合う。

このような「ワインのような飲み方、スタイルで楽しめる日本酒」がいつのまにか省略され「ワイン風の日本酒」という言葉になったのでしょうか。

②言いたいだけワイン風

「本末転倒感」のあるお酒です。「ワイン」に詳しい人からすれば、日本酒ってワインからすると驚くほど甘いらしいですね。(これについては、いろいろ意見をおうかがいしたいです)

なのでこの文句は、ワイン好きにも、日本酒好きにも刺さらないと思います。ではなぜ「言う」のかというと、

「日本酒を知らないけどバーとかレストランとかで甘みのあるものは飲む」くらいのざっくりしたゾーンを「ワイン」というカタカナでばくっとアプローチしているのでは、と思います。

人は「未知なもの」を試そうとは思わないもの(これは「馬入酒っぽい日本酒」ですよ!)。なんとなく一般的な(そして負の印象がない)ワインという言葉を借りることでアピールしているのです。

それによって、日本酒を飲まないひとに「じゃあ飲んでみっか」となる、なってほしい。それはそれでありなのです。「本格ファミレス」みたいなものです。

③ワイン文化を取り込んだ「新しい日本酒」

(47酒店で見つけた福千歳の「PURE RICE WINE」)

3つめは、「ワインの文化をとりいれた」意欲的な造りをしている日本酒です。

例えば、写真の福千歳さんは「ワイン酵母」を使った新しい日本酒に取り組んでいます。

冒頭で紹介した「仙禽」の蔵元・薄井さんはソムリエ出身で、日本酒の世界に「ドメーヌ」「ナチュール」をいう考えを持ち込みました。「ワイン酵母」という実験も行なっています。

千葉の木戸泉も「ワイン樽発酵」に取り組むことで、従来の日本酒とは異なる味を目指しています。

これらは、「ワインそのもの」では決して違います。お米ですから。ではこの「ワイン日本酒」に何を求めているかというと、「ワインの文化を取り入れることでできる、新しい味わい」です

実際、それがめちゃくちゃ美味いかっていったら、「うん、おもしろいね!」くらいな場合がおおいです。しかし、ワインじゃなくても嗜好品には「おもしろい」視点は価値があると思うし、チャレンジにはお金を払いたいもの。

※ちなみに、飲食店でバッチリあう料理と合わせてもらったりすると、この新しい味の楽しみが一気にひろがります。


と、いうわけで僕は
①のお酒は無邪気にワイングラスくるくる回して飲みます。
②は生温かい目で見つつ、やっぱり飲みます、ワイングラスで。
③は全力で応援します。

特に、今回飲んだ「あべ」は、スパークリングなのに日本酒っぽさを大切にした、新しい味わいで非常に楽しかったです。

日本酒にはスパークリングのほか、「活性生」「ガス残りの火入れ(微炭酸)」というタイプもあり、いずれも軽くさっぱり飲めるものが多く、おすすめです。
お店で「ワインみたい」といってどうなるかはわかりませんが、「ガス感のある日本酒」といえばきっと出会えます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もちろん、お酒を飲みます。

ありがとうございます。お酒がさらにすすみます。
78

クリーミー大久保(日本酒)

酒を愛するクリーミー大久保です。10数年間、お酒に寄りがちな編集・ライターとして活動してきました。ブログというコミュニケーションの勉強、そして日本酒メディアの立ち上げを目指して、美味しいお話を綴っていきます。

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
6つ のマガジンに含まれています

コメント2件

仙禽、陸奥八仙、いいですね〜。
あべ、福田は初めて聞きました。美味しそうです。情報ありがとうございます。
コメント失礼致します。誘われて、やって参りました。とっても素敵ですね・・・
実は今年の元旦に、現在の天皇さまからワイングラスに日本酒を注いで頂いた夢を見たんですね。だからきっと、流行るような気がしますよ。すみません、突然!
ご参考のため、ちなみにその記事がこれです・・・https://note.mu/kando_nuriko/n/n709840bfdfa0
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。