Thyme

時が止まった あの日から
決して 手の届かない
決して 声の届かない
頭上に広がる変わらぬ空に
ぼくは自由を教わらず
孤独を知った

時を忘れた いつしか
差し伸べられた手も
甘い優しい声も
一人歩くぼくには必要ない
本当の自由を追いかけて
孤独を選んだ

時が風に乗る いま
握り締めていた手の中の
届かぬ言葉を声に変えて
君の翼が風を呼んだ
風は自由を連れてきて
孤独の先にある温かさに触れた

時を超える 君と
手放した勇気が
二つの声を交差させる
頭上に広がる変わらぬ空よ
風に舞うように自由にも
風に舞うように孤独にも

ぼくが選ぶんだ 未来を

by nazu

#詩 #タイム #ハーブ #勇気

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートとそのお気持ちは、創作や家族の居場所づくりのために還元できたらと思ってます。

わんわん( ^ω^ )
21

me-me

こころのプリズム

極めてプライベートであり、密度の濃いこどばを連ねています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。