見出し画像

イラン国内旅行に行ってみた:その2 逆ナン編


前回からの続きです。

前回見逃した方はこちらから

さて、夕方の便でイスファハンへ向かうべく


テヘラン市内の国内線専用空港へ

うむ、年期を感じるのは私だけでしょうか


思ってたより簡単にチェックインが完了し

古い機体に乗り込む

落ちませんように

そんな不安をよそに、颯爽と離陸


全然普通やん

ちょっと滑走路走行中、ガタガタうるさくて不安になったけども(笑)

飛行時間は1時間ですので、あっという間に到着

来たぜ!イスファハン!!


う~ん、イランっぽい街並みですな

空港から、観光地まではタクシーで20分程度

空港からのタクシー料金は一律30万リヤル(1000円弱)

タクシーの運転手は残念ながらペルシャ語オンリー

言葉が通じないって、不安ですよね

とりあえず、ホテル名を伝えたらOKとのことで

出発

なんだかんだ、あっという間にホテルに到着

ええホテルやんか。これで1万円ちょっととはお得だわ。(テヘラン市内だと基本2万円くらいする)


早速イスファハンを散策!


日も暮れ始め


いい感じの雰囲気に


イランは、というか中東の国は日中暑いので


20時過ぎくらいから彼らの活動時間がスタートするわけです


完全に夜行性です


夜になると人がたくさん


観光名所に近づくにつれ

期待してた街並みに

そして第一の観光名所、エマム広場に到着


雰囲気満点やないの


そうそう、日本人はみんなこういうの期待してるのよ


テヘランは先進国と変わらな過ぎる笑


地球の歩き方に書いてる通りの迫力

なんだかもう

物語の世界に入り込んだよう

たまには一人旅も良いな~



広場に大きな出店が出ていて

どうやら無料で飲み物とお菓子をふるまっているよう

私も貰おうかと近づいてみるとこれ


強烈なメッセージ(笑)

個人的には嫌いじゃない


そこでお茶をもらって、地元民と同じように、芝生の上に座り


一服


うん、お茶がうまい

そうこうしてるうちにあっという間に2時間が過ぎ


非常に満足した私は広場を後にしました


そういや晩飯食ってなかったと

道中のバーガーチェーン店に入る

いやもう実際、イラン料理には飽きてるもんでバーガーくらいがちょうど良いんです(笑)


カウンターに行くと

残念ながら、メニューは全てペルシャ語

私「英語のメニューないですか?」

店員「英語ですか?すみません、用意してないです。」

私「あらまぁ」

店員「何にされますか?」

私「何がありますか?」

店員「バーガー、サンドイッチ、ピザ、いろいろあります」

私「バーガーください」

店員「何肉にしますか?」

私「牛肉でお願いします」

店員「承知しました」

英語が通じるっていいですね~。やっぱり観光地はこうでないと。

で、一人で店内でバーガーを食べていると

隣に綺麗目のイラン人女性が座る

仕事の帰りなのか

一般的な会社の制服姿で一人で来てる様子


まぁ、珍しくもなんともないので、引き続きバーガーをほおばっていると

「どこから来たん?」

とその女性に声をかけられた

私「え?日本やけど」

女性「ええやん。一人?」

私「うん。一人やで」

女性「観光?」

私「うん、イランには出張で来てるねんけど、ここには観光で来た」

女性「へー、イスファハンは初めて?」

私「うん。さっき着いて、2時間ほど歩きまわってきてんけど、めっちゃ良かったわ~」

女性「あ~ほんまに~。よかったやん。どこ行ったん?」

私「イマム広場行ってきてん。でも、宮殿とかモスクは閉まってたから、中には入られへんくてさ。だからまた明日行くつもり。」

女性「スィーオセ橋は行った?」

私「あ、そこはまだやねん。それも明日行くつもり。」

女性「行くとええよ。有名やから。ところで、仕事って何してんの?」

私「商社やで。」

女性「ふーん、何扱ってんの?」

私「まぁ、何でも扱ってるな~。売るものがあれば何でも(笑)」

女性「なるほど。私は海外の某メーカーの子会社で働いてんのよ」

私「へ~、ええやん」

と、ここでとりあえず名刺交換

そうこうしてるうちにお互いもう食べ終わったので

私「そろそろ行きますか」

女性「せやね」

店先で別れて、ホテルに帰りました。


寝る前にパソコンで会社のメールチェックしてると

先程の女性からメールが入ってるではありませんか

「さっき言い忘れてんけど、明日私一日空いてるし、もしよかったら観光案内するよ。どない?」


ええやん

「是非お願いします」

続く

#ペルシャ #イスラム #イラン #イスファハン #一人旅 #観光 #世界遺産 #逆ナン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

僕もスキです。両想いです。
12

TK工房@TKTKfactory

中東担当→インド担当のサラリーマン。現地に行って見て触れて得た情報をコミカルに伝えていければと思ってます。インド素人ですが、これからどんどん発信していきます。ツイッター:https://mobile.twitter.com/TKTKfactory

中東・イスラムについて(たまに更新)

中東に関する情報を面白おかしく身近にお伝えするマガジン
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

すごい展開ですねー。ええやんw
ええでしょ?(笑)私、なかなか持ってるようです(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。