少年ジャンプにハマれなかった僕が感じる、男社会の「生きづらさ」

週刊少年ジャンプが来年、創刊50周年を迎えるらしい。この間、名作と呼ばれる作品が数多く連載されてきた。特に発行部数が最も多かった90年代には、ドラゴンボールとスラムダンクが高い人気を集め、それに続くようにワンピースの連載が始まった。これらの作品は、20~30代の元少年たちにとって、ある種の共通体験ともいえる地位を確立している。

それゆえに、この世代の日常会話では、3つの作品を読んだことを前提にしたやりとりが行われている。例えば、「あいつら二人の関係は悟空とフリーザみたいだ」とか、「おれはスラダンなら流川が好きかな」「おれは断然三井だわ」といった語り。ジャンプを持ち込むことで、物事をうまく言い当てたり、コミュニケーションを円滑に進めたりしているのだ。

しかし僕は20代後半の男性であるにも関わらず、こうした会話を大きな「壁」だと感じている。ドラゴンボールやスラムダンクはテレビアニメ版を含めて一度も触れたことがないし、ワンピースは大学生のころ友人に単行本を借りたものの、すぐに読むのをやめてしまった。ジャンプ作品に通底する「熱さ」や「友情」みたいなものが、おそらく苦手なのだ。だから、ジャンプ的な会話に全くついていけない。自分は、当たり前の教養を知らない、または当然楽しめるであろうものを楽しめない、社会的な欠陥を抱えた人間なのかもしれないと、やや大げさに思う。ジャンプ的会話に出くわすと、読んでいないことを隠そうと、ぎこちない笑みを浮かべることしかできないのだ。

これはれっきとした「生きづらさ」ではあるのだが、そうした会話がもたらすメリットは大きいようだし、何より誰かを傷つけているわけでもないので、どこかに改善を求めることもできない。ただじっと、そういう場に遭遇しないよう息をひそめているしかない。今後、下の世代がたくさん社会に進出してくると、ジャンプ的会話の問題がジェネレーションギャップという形で顕在化することはあるかもしれない。ただ、いまの20~30代は、60になっても70になっても、ジャンプ的会話をし続けているように思えてならない。ジャンプの発行部数が200万部を切り、ピーク時の3分の1以下になったというニュースを最近聞いた。だが、その黄金時代に作られた壁は、明日も僕にぎこちない笑みを強いるだろう。

pic:DocChewbacca / Frickr



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

48

レンタルお兄さん

記事の執筆や写真の撮影でごはんを食べている、20代後半の男性です。PDCAサイクルのすべての段階が苦手です。

マガジン1

コメント4件

そんなの特にメリットじゃないし、その場面が上手く頭に浮かんだところで会話に混じれる訳でもないと思う。ジャンプ的な会話なんてのは、貴族が上っ面の言葉で虚飾を語るのと何ら変わらない。 自慢にもならない。友情とも言えない。
初めまして!私も絶対リアタイで読んでるはずの漫画を読んでなかったので(幽遊白書とかスラダン)キャラは知ってるのに話についていけなくて、そっと話の輪から抜けたこと何度もあります。
男性の場合は「読んでて当然」な空気が圧というか重いやつになってくるので「生きにくさ」はわかります、ドンマイ!
私は正直ドラゴンボールよりアラレちゃんの方が好きでした。
知ってる男友達でも漫画に触れてこなかった人もいるし、男の子なのに少女漫画好きでーって人もいたりするから「こうでなければならぬ」なんてのは頭かたい上司くらいです。性だってBLGTとか普通になってきてますからね!
ジャンプのジェネレーションギャップ問題のくだりにハッとしました。前田大尊と黒崎一護に支えられた(あ!主人公なんだろうなでいいです!言いたかっただけ←人の話を聞けばかやろう)私ですが、振り返るとそんな時間なかったべ?!他にやることあったんじゃね?!と頭を抱えます。ちなみにテレビ観ないので、日本が勝つとかあの事件はひどいとかの意味がわからない時があります。場が盛り上がると仏のような顔で微笑んでいます。
男の人は知識を競る上に負け戦を好まないからなぁ。生きにくさ、私もなんとなく想像つきます。ドンマイです。
私も少年漫画が概ね苦手で、暴力表現や男性向け特有のギャグや性的な表現があまり好きでは無かったのですが「じゃぁ見なければ良い」…かというと実は少年漫画は男性のみならず女性も多く愛読していることが多々あり、おかげで同年代の漫画好きな女性に苦手感を持つことになってしまい今も少し引きずっています(苦笑
「○○を好きなことでその人を否定するべきでは無い」という前提はあるにしても「その話題にに触れないといけない・共有しないといけない」と言う無言の圧力のような物(大抵は私の思い込み)が苦手でしたね…自分でも不器用だなぁと思っています。
その頃から自分で勝手に創作は無しを思い浮かべるのが好きになりましたが、既存の話を膨らませるいわゆる「二次創作」には全く興味がなくなり怒濤のボッチ人生を突き進んでいます(苦笑
少数派はやはり何かと大変ですねぇ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。