人生は鶯谷に始まって鶯谷に終わる

人生は鶯谷に始まって鶯谷に終わるんですよ。何を言ってるかわからねーと思うがまあ黙って聞いてくれ。

人生は鶯谷に始まって鶯谷に終わるとはどういうことか。

鶯谷は人の「生と死」が存在する場所

これは僕の友人のモモ苑が鶯谷の話になると絶対にいうフレーズ。

つまるところ、ラブホなどが立ち並び、生命の始まりの場所であるとともに、谷中墓地があって人の「死」と近い場所である、ということであるわけである。

そうして僕はずっと考えた。人の生と死。人生とは。そう考えた時、一つの答えを導き出した。

人生は山手線である。

人は鶯谷で始まる。中出しセックス、はたまたコンドームが破れたセックス、コンドームに穴を開けられてたセックス、「今日ゴム忘れちゃった」というパワープレーで無理やり生でやらされてしまったセックス。色々なセックスをきっかけとして人は子を作る。

人生という名の山手線外回りが鶯谷を発車(発射)した。中に発射しますご注意ください。

そして人生は山手線外回りに従って進んでいく。

人生序盤に厨二病を拗らせたオタクになった秋葉原。神田で古本を買った学生時代、東京で始めた一人暮らし、有楽町の鳥貴族で初めて酒を飲み、新橋で酔い潰れる。

プリンスホテルのゴミ箱の小ささにブチ切れた品川。SNSに「スタバなう」って書いてオナニーしてた大崎。童貞を卒業した五反田。

彼女とデートした恵比寿・中目黒、ヤバいクラブに行ってクスリをキメてバイブスを感じてた渋谷。イケイケのギャルをナンパした原宿。

ホームレスになって住み着いた新宿、韓流スターに憧れた新大久保、早稲田大学に放火した高田馬場、女子大が気になりすぎて侵入して逮捕された目白、たまには埼玉県もいいねと池袋。

ロイヤルホストにハマった大塚。そしてお年寄りの原宿、巣鴨。

こうして人生は山手線外回りに従って進んでいく。

しかしどんな人生にも終わりはある。人は死ぬ。人生という名の山手線外回り、鶯谷駅である。

この列車は当駅止まり、利用することはできません。Not in serviceである。

しかしそれで終わりではない。人は死んだら終わりではないのだ。

輪廻転生

人の命は巡り巡る。それを山手線は表しているのではないか。山手線はそれを人類に伝えようとしているのではないか。

なぜ山手線が環状線なのか、なぜ山手線は鶯谷を通るのか。それがわかった1日だった。

新たな命が生まれれば、いや、新たな中出しセックスがなされたその瞬間から、鶯谷で人生の山手線外回りは発車するのだ。

中に出しますご注意ください。

人生とは山手線なのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキじゃなくていいんです
6

yamashiro1944

うんこうせいさっか、又の名を恐竜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。