俺アワード2017(楽曲篇)

やるやる詐欺で放置したまま飽きてしまって結局やらないで終わることも屡々。
楽曲大賞的な物が権威化されてしまうこと、それに対する危機感の無さに対する危惧と不快感を事ある毎に表明している手前、今年は落とし前を付けてみた。
順不同なれど文章の長短が熱量を示していなくもない。
とりあへず「楽曲篇」。

SOLEIL/PINKY FLUFFY
無垢な少女のボーカルと、腕っこきのおじさんの悪戯。
聴いたことがあるようでいて、聴いたことのない曲。 究極の落ち穂拾い。
意匠にも凝ったドーナツ盤を買うとCDが付いてくる。 このやり方は所有欲と簡便性の両方を満たしてくれるので嬉しい。
そうした凡てが微に入り細を穿って好事家の財布を刺激する。
斯く言う私も給料が入った勢いで自家用と御進物用に二枚購入。 ちなみに御進物としても好評だった。

2o Love to Sweet Bulllet/そこで叫んで私に教えてほしい
何故か金だけは唸っている送り手が、アイドルに仮託してやりたいようにやった一曲。
と、言いつつも他の曲はピンと来ないのであるが、この曲には衝撃を受けた。

Kaede(Negicco)/あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)
人畜無害そうな澤部渡のプロデュースなので、渡辺満里奈とフリッパーズギターの時のようなやきもきは無い。 むしろ澤部が幸せになってしまっても良いような気がしてくる。
ああめんどくせぇ、いいからもう幸せになってしまえ。
(澤部渡の話になってしまった。)

脇田もなり/祈りの言葉
収録されたアルバムの中では曲に合わせて色々な歌い方を試みているのだけれど、あざとさは無く心地よい。
その中でも一番の佳曲(と、私が思うに)がこの曲。
ユメトコスメの長谷泰宏による夢のようなアレンジに、脇田もなりのねっとりと鼓膜に絡みつくような歌声が上手く噛み合っている。

小泉花恋/くりぃ~み~らびゅ
生で見た時の可愛らしさに度肝を抜かれた。
歌は上手過ぎず下手過ぎず、曲もベタ過ぎずシャレオツ過ぎず、適度に鼓膜に引っ掛かるのがまた良い。

CURATIONS/ひとりごと
CDはイベントの際の手売りのみ。程なくして活動停止してしまったので殆ど知られていないと思われる。
「好きとか恋とか きっとそうじゃない だけどなんだか気になる」
アイドルと客の間に横たわる暗くて深い川についてアイドルの側からの解釈が面白い歌詞。
きっとそうかもしれないし、やはりそうでないかもしれない問題について、「そういうことにしておく」ことで思考停止するのが互いの幸せでもある。

春野さ子/愛くるしくて瞑想中
明るくあっけらかんとしているようで、壊れてしまいそうな儚さ
もある。
平和だが不穏。 このざわざわする感じがたまらない。

西野七瀬/光合成希望
去年のアルバムの収録曲なのであるが、知己に薦められて聴き直してみたらとんでもない曲だった。
秋元康の「宛て書き」の歌詞は大抵陳腐なもので、これもご多分に漏れず腐臭紛々たるものなのだけれど、西野七瀬がその世界にどっぷり填まり込むことで妙な現実感が出ている。
役に入り込んだ挙げ句、何かが降りてきて本人が役以上に化けた感じ。
歌は上手いのだけれど、歌の上手い自分を次第にコントロールできなくなっていく不穏さの中、西野ならぬ西野が浮かび上がる。

筆者贅言
合法か違法か判断をつけにくいところに種々音源は転がっているが、それは各自の判断で。
購うだけの価値はあると、私は思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。