teruma × matsuda tadao「 teruma – mono – chrome 」

渋谷と恵比寿の間にある tokyoarts gallery へ。

輝馬の1st写真集「T’s Photograph」の発刊記念の写真展とのことだが、出展されるのはその中の一部。

刑事ドラマ仕立てで、モノクローム。

黒く潰れず白く飛ばず、粒感はありつつ荒くはない。

湿り気を帯びつつも乾いた感じの色合いが良い。

刑事ドラマと言っても、シリアスなものではなく、ウィットやユーモアの利いたもの。

(BGMとして「探偵物語」や「大都会 パート Ⅲ」などが流れていた)

ピストルは水鉄砲、ロマンスの相手はテディベア。

肉体美を見せるようなカットも、一枚羽織らせたり、背中越しだったり。

見立てと仄めかしで、見る者の想像力で補完する必要はあるが、想像の邪魔をするものは取り除いてある。

直接的ではない見せ方に感心した。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。