中国新小売を支えるモバイルペイメント

中国企業の経営・組織戦略を考えるデジタルマガジンです。

毎月2本、中国企業の実例を踏まえて、経営・組織戦略を考えたいと思います。中国経営の最先端を通じて、いいケーススタディになれば幸いです。

今回は、「モバイルペイメントの普及」によって起こった、Alibaba,Tencentが選択している経営戦略、LuckinCoffee,Pinduoduo,Hemaなどスタートアップの特徴を整理しています。

また、新小売を「モバイルペイメントの普及」という中国の特異性と、それ以外の世界で共通する部分で分解しています。



※筆者紹介

三国志に出会って(小学生)から中国にハマっています。2012年の上海留学から、毎年中国と日本を行ったり来たりし、日中の経済や社会の研究とそのアウトプットを生き甲斐に生きています。その支援的なものと捉えていただけると嬉しいです。

この続きをみるには

この続き:96文字
記事を購入する

中国新小売を支えるモバイルペイメント

家田昇悟

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

家田昇悟

中国インターネット研究所

目覚ましい勢いで成長する中国のインターネット。 中国インターネットの「今」を理解できる情報を発信していきます。 今までは投資情報が中心でしたが、今後はデジタル化、経営戦略、ガバナンスなど「中国経営から学ぶ」をテーマに参考になるケーススタディを月2回取り上げていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。