361°アートワークス

テクノロジーと身体にまつわる考えをアーカイブしていくプロジェクト「からだ・これくしょん」のノートです。 愛知でアートマネジメント業務を行なっている「361°アートワークス」のノートとして一時使用していましたが、このプロジェクト用にリファインしました。
固定されたノート

バ美肉ドキュメンタリー映像作品プロジェクト、始動!

あなたのアバターのルーツやエピソード、聞かせてください。

初めましてのみなさま、初めまして。アートイベント等を企画するグループの361°アートワークスと申します。
普段はこのようなアバターと身体について考える考察系番組をYouTubeで配信しています。

このたび、アバターに関するインタビューを行いそれをもとにドキュメンタリー映像作品を制作することになりました。
ワールドワイドにまだリサーチでき

もっとみる

物理女性がショタっ子少年になったら"カノジョ"だった

昨日、VTuberでお稲荷さんの「美波れん」ちゃんの配信にショタ少年で参加させて頂きました。いつもごとく「青年やって少年やらないの?」とのお話で安直にまたアバターを増やした結果、10でそろそろ限界が。

「声」と「コミュニケーション」によっても生まれるアバターのアイデンティティ

今回の気づきは「声」と「コミュニケーション」によっても生まれるアバターのペルソナ(アイデンティティ)。

様々な方と配

もっとみる

トークイベント記録まとめ

361°アートワークスでは、アートとテクノロジーに関するワークショップやトークイベントを物理・VR問わず行っています。
今までVR上で行ったトークイベントの中で、テキストとしてまとめられているもののリストです。項目のみのところは後日テキスト化されます。
上にいくほど新しいイベントになります。

アバターとしての「人生」を選択すること ―バーチャルな人生の相談室配信より

リンクはこちらから。
VR

もっとみる

アバターは自らの「男性性・女性性」を引き出すきっかけ ―物理女性が男性アバターをまとったら

土曜日の配信で、初めて「1時間以上男性型アバターをまとってしゃべる」体験をさせて頂きました。
男性アバターをまとうことで、逆に美少女をまとう「バ美肉(バーチャル・美少女・受肉)」について私なりの結論を得ることができたということで、軽くまとめてみることに。

すべては自分の内にある

アバターやバ美肉は自らの中にある「男性性・女性性」を引き出すものでもあること。美少女に「なる」のではなく、「発掘する

もっとみる

アバターとしての「人生」を選択すること ―バーチャルな人生の相談室配信より

質問の傾向について

6/1(土)に「アバター・身体・人生について、専門家さんと一緒に考えてみましょう」と題して、専門家さんとのお悩み相談室を配信しました。
スタンドアローンVR機器のヒットやスマホでのVTuber配信の浸透により、以前よりはだいぶアバターが身近になってきました。だからこそ、出てきた悩み・考え。
この悩みや考えは、これから到来するであろうアバター時代に必ず役に立つハズ。その意思のも

もっとみる