厚底シューズのメリットとデメリット

NIKEから発売されている厚底シューズを知っていますか?

2018年2月に16年振りの日本記録を更新した設楽悠太選手(2時間6分11秒)や、10月のシカゴマラソンで設楽選手をさらに21秒も上回るタイムで日本記録を更新した大迫傑選手(2時間5分50秒)が履いていた噂のシューズです。
彼らが履いていたシューズはNIKE ZOOM VAPOR FLY 4%(ナイキ ズーム フライ ヴェイパー フライ 4%)というシューズで、従来のシューズと比べてみるとかなりの厚底になっているのが特徴です。
この厚底シューズ・ヴェイパーフライを履いて日本記録を更新したこともあり、一般ランナーの間で一度は履いてみたい憧れのシューズとなっています。

シューズの細かい説明は公式ホームページなどを読んでいただくとして、皆さんが知りたい「本当のところ、アレってどうなの?」を説明していきます。
※検証したシューズはヴェイパーフライの下位モデル・ズームフライです。ヴェイパーフライは僕にとってオーバースペックなので。

巷で噂の厚底シューズは「履くと速くなれる!」と言われていますが、どんなアイテムにもメリットだけではなく、デメリットも当然のようにあります。

こういったアイテムや便利な何かが噂になると何故かメリットだけを信じたり、逆にデメリットだけを信じてしまったりする傾向にあります。さらには「誰かが言っていた」「何かで読んだ」など人から人へと伝わっていくほどに本質が伝わらず、本来の機能から少し違った方向だけが伝わっていくことがほとんどです。

さて、この厚底シューズ(僕の場合はズームフライ)のメリットとデメリットを僕なりの体感でいくつか挙げていますので、興味のある方やすでに厚底シューズをお持ちの方でシューズの良さがイマイチわからないという方は読んでください。
(クリニックや教室で説明する内容なので有料記事にしています)

この続きをみるには

この続き:4,465文字/画像1枚

厚底シューズのメリットとデメリット

いわたごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。 サポートしていただいた資金は書籍化(電子書籍含む)へ向けた活動資金に充てたいと思います。今後も僕の想いをつらつらと文章へしていきますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

1

いわたごう

有料記事集(2018年11月~)

まとめてみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。