あなたはもうコスパ思考に囚われている


「安くて良いもの」


これは商品が売れる前提として、今では当たり前になっている。
そして、消費者もこれを求め、メーカーもそれをターゲットに商品開発をしている。

いわゆる価格競争というやつだ。


そして今ではネットショッピングは普及し、金額の上限設定をして、検索できる。

旅行探しの時や、ホテル、レストラン選び、服や家電選びなんかでも活用している人は多いだろう。


「安くて良いもの」を求めることはいいことだ。


ただ、それだけに囚われていると、凡庸化したひとになってしまう。
いや、もうなっているかもしれない。



それはなぜかというと、「安くて良いもの」は大量生産化してコストダウンを図ったものが多い。
GUやユニクロといった服や、エコカーなんかがそれにあたる。

だから、みんな着ているしみんな乗っている。

あなたは、みんなみんなのひとりだ。

そこに個性はない。


もちろん、それらが悪いと言っているわけではない。
私も、ユニクロやGUを愛用している。
エアリズムやヒートテックは肌触りもいいし優れていると思う。
(ただ、アンダーウェアや部屋着用の用途のものしか購入していないけれど)


ただそれが、「本当に欲しいもの」?

とじっくり考えたとき、そうではないはずだ。


少し言い換えると、納得して買ってはいるが、ある程度妥協している自分がいるだろう。



「安くて良いもの」✕「本当に欲しいもの」の葛藤


これは買いものをするときに、何度も経験していることだと思う。

ずいぶん悩んだ末に、これにしよっと選んだことが幾度とあるだろう。


ただここで、コスパ思考で選択してばかりいると、自分なりに妥協してしまう癖がつき、そして、コスパ思考を続けているうちに、「本当に欲しいもの」がわからなくなり見失ってしまう。

コスパ思考が生み出す「コスパフィルター」が、いつの間にか行動や衝動を制限してしまっている。
そして、もっと魅力的なものを見つけるための視野を狭くしている。

心から欲しい、食べたい、遊びたい!

心のおもむくままに、いろんな選択肢をもって、夢中になるものを追い求めてもいいのではないか。



車を持つのはコスパが悪い、恋愛はコスパが悪い、結婚はコスパが悪い、○○を買うのはコスパが・・・、○○はコスパが・・・

そんなコスパに縛られた人生なにが楽しいのだろうか。


本当に欲しいものをお金を貯めてでも買って、いろんな刺激や喜びを得て、そこからこれはいい、これは失敗したと学ぶ人生がどれだけ自分を豊かにしてくれるか。

失敗したくない、損したくないという気持ちはわかる。特にお金がないならなおさらだ。


けれども、そんな最初から無難な選択をして凡庸化した人生でいいの?

ちょっとでも、これだけは拘りたい、お金をかけてもいい、好奇心をもって冒険したい

そう思えるものは、なにかひとつでもあったほうがいい。


それが、必ずあなたの魅力になるし、あなたを形成する。

だから本能のままに行動していいんじゃないかな。コスパを考えずに。


色々と経験(無駄遣いもw)してきて、自身を持ってそう思うよ。
もちろん、これからももっと色んなことを経験していくけどね。

ちょっと今の自分を見つめて、偏った思考に陥っていないか、心から本当に進みたい選択肢をしているか、考えてみてほしいな。


心おもむくままに行動して失敗しても、いいじゃない。
行動しないとわからない景色があるし、失敗してもそれはあなたの糧になる。(話のネタにもなる!w)

コスパではなくて、妥協しない、自分らしい選択をしていきたいね。




初めましての方こんにちは⭐︎また来て下さった方ありがとうございます♪

よかったらぜひフォローをしてねー!!

フォローはこちら


A(*゚Д゚*)R(д゚*)I(゜ )G( )A( ゜)T(*゜д)O(*゚∀゚*)ノ~☆
ブログ:なないの!
Twitter:@7jyo_twit

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

金額に関係なくサポートはすごく嬉しいです。 だってなんか必要とされてるんだなと実感がわくじゃないですか♪ 読んでくれてる方が書き続ける源なんです♡

嬉しくて (/ω\*)イヤン
13

いつきんぐ

想 -Sou-

ブログ論、新しい働き方、ちょっと真面目な話などについて、想うところを書き綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。