見出し画像

なぜSNSやブログを続けられないのか?それが問題だ

SNSやブログがどうしても続けられない

そんな経営者やスタッフの人たちと出会うことがある。

「うちの会社の場合は、ブログではそんなに効果ないんだよ」とか、
「ブログを書くように言っているんだけど、なかなか忙しくてね」とか。

わたしは、マーケティングの塾に行っているからだと思うけれど、経営者の友人が多くいて、その友人たちのほとんどが、ほぼ毎日ブログを書いている。

わたしは経営者ではないけれど、SNSを毎日投稿しているしコスメ販売の仕事をするときは、必ず自分がどこの店舗に入店しているか、お客さまに知らせるようにしている。

毎日、違う店舗のバラエティショップでコスメ販売する、というわたしの仕事は、既存顧客(リピーターさん)に出会う確率は、極めて少ないもの。


バラエティの売り場は、もらえる棚も限られている


だから、たとえ毎日SNSを投稿したって、1人もリピーターさんに会えないことが日常ということ。それでもなぜ、毎日SNSを投稿し、ブログも書くのか?

コミュニケーションを楽しんでいるから

お客さまと1年後にもお友だちでいたいから

それにつきると思う。そうやってSNSを毎日使うようになって、1年経つと、まったく会ったことないお客さまが、週に1人は会いに来てくれるようになり、2年経ったいま、会いに来てくれるお客さまは2年前の3倍以上に増えた。(大まかだけど・・)

結果として、「宮下藍の美肌塾」という、わたしの私塾(5ヶ月間)を開講できるようになったし、仲良いお客さまを集めて飲み会や旅行にまで行くようになった

お客さまのユニちゃんと旅行にいったとき
(自撮りの練習中で顔がこわい・・)

2016年の忘年会。このときはお客さま同士初対面だった
(今は月に一回くらい飲み会を開いて会うようになった)


ただの販売員が、ここまでお客さまと関係性を作れるようになったのは、間違いなくSNSを毎日続けたからだし、ブログを連動して書いているからだと言えると思う。


もちろん、SNSの投稿の仕方や、ブログの書き方なんかも学ぶためにマーケティングの塾に通ったのもあるけれど、結局は、習ったことを参考にして自分でオリジナルの投稿の仕方を工夫して、探検するような楽しい気持ちでなるべく続ける。手応えのあった投稿は、同じようにさらに伝わるように楽しんでみる。

それを1年、2年続けたから、結果として売り上げにもつながったのではないか?と思う。

経営者だからお客さんと毎日接しない
ただの社員がやっても無理
アルバイトだから必要がない

そういう言い分は、言い出したらキリがない。
つまり、やらない口実はいくらでも見つかるわけで、やり続ける口実を考えないと、結果として長くお客さまが来てくれないし、その分売り上げだって上がらないんだ。


SNSをやろう、続けよう。ブログは当然。

実際にわたしは、ただのアルバイトのコスメ販売員だ。
それなのに、毎日こういう風に楽しんでやっているだけなんだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

ピノコ

好きなお客さま・好きな人だけと関わっていきたい、ナチュラルコスメ販売員・宮下藍です。オタク的に、自分と違う考えの人に興味があります。オタクなわたしが、好きな人だけで周りと調和できれば周りの人もきっと幸せ。女性のこころのコラムやエッセイを中心に掲載する予定

宮下藍のコラム

選り好みが激しいコスメオタクなわたし・宮下藍が、仕事や日常を通して感じたことをコラム形式で書いていきます。 特に、女性の生活やこころの部分を主観的に書いていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。