関節技の極めはどうすれば身につくのか。

関節技の極めはどうすれば身につくのか。

関節技の極め(フィニッシュする能力)に関しては、柔道の時から強かった。
柔道時代の関節技のフィニッシュのほとんどが腕十字。形や入り方は色々あるけども極めに入ったら逃さない。極めの能力に関しては苦労したことがなく、逆に入り方に関しては苦労して研究をした記憶がある。
いまは十字固めだけでなく、様々な関節技を使うし、フィニッシュする関節技の多彩さはMMAファターの中でも上位だと思う。足も腕も首もなんでもアタックすることができる。MMAファイターは首だけや腕だけの選手が多いので、多彩な選手は実は少ないと思う。

極めを磨くにはどうしたらいいのか。
いろんな人がいろんなことを言う。皆まとまりがなくた方向を向いているように思う。
わかりやすく言えばどうすればいいのか皆がわかっていないのだと思う。僕も論はあるけども正解かどうかはわからない。ただ僕の場合は自分で極めができているので多少の信頼はあるかと思う。

まずは打ち込みをしろと教える先生がいるけども僕はそうは思わない。
形だけ覚えてもスカスカだろうし、それで極まるとは到底思えない。

僕が大切だと思うこと。

相手の関節を曲がらない方向に曲げる。痛い方向に曲げる。

これが一番。1にも2にもまずはこれ。
僕は十字固めをこう習った。どんな状況でも相手の痛い方向に曲げたらいいし、曲がらない方向に曲げたら痛いだろうと。その当時はめちゃくちゃな教え方するなって思ったのだが、今は正解だと思えます。痛い方向に曲げるがまずは大前提としてあるのだ。

この続きをみるには

この続き:637文字
記事を購入する

関節技の極めはどうすれば身につくのか。

青木真也 shinya aoki

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

月刊青木真也

月刊青木真也 青木真也の記事をお得に。 青木真也の発信する記事が1200円で読み放題に。単品で買うよりもお得です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。