孤独を埋め合わせる為に練習する。そんな記事を朝起きてしまったので書いてみた。全部読めます。

早朝6時に起きてしまったので、記事を一つ更新します。

帰国した翌日に早速練習をしました。僕にとっての練習は強くなるものというよりも、ライフスタイルなのだなと再確認しました。

1日の予定を決める中で、練習時間を最優先にする。その時間があった上で、他の時間を他の仕事や遊ぶことに振り分ける。こんな生活をずっとしてます。

ここまで振り切った生活をすることないのになって思う人もいるだろうし、自分自身でもう少し緩くやってもいいのではないかと思うこともあります。

何故、こんな生活をするか。

孤独が一番軽減されるから。孤独を作っているとも言えるのだけども、孤独が一番軽減されるのは事実です。結局はさみしさを完全に排除することは出来ない。孤独を完全に感じないことは出来ないのです。

家族、恋人、友達。たくさんの関係性の種類があると思うけども、これが完全に孤独感を無くすものではないと思う。

かなり端折ると、行き着く先は死。死ぬことが怖く、それは100%の孤独だから、怖くなるんだろう。その恐怖を誤魔化す為に日々を一生懸命生きていくのだろう。それが練習であって、闘うことなんじゃないかなって思った朝。

今日も一生懸命生きる。僕は僕の道を一生懸命生きる。個を大切に。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。