私には悪口の才能がない【エッセイ】

 悪口ほど才能が要るものはないと思う。


 悪口は言っても聞いても後味が悪い。
 しかし後味の悪さを面白さが越えれば何とかエンターテイメントとして成り立つような気がする。芸能人が言う悪口ってすごいなと思う。聞くと笑ってしまったりスカッとしたりする。彼らは話術やバランス感覚に優れているのだろう。

 一般人の中にも悪口の技術に優れた人がいる。そんな人が集まりにいると人気者になる。本日の主役になる。少し羨ましく感じる。
 しかし、そういう人たちがたまたま調子が悪かったり調子に乗りすぎてしまったりしてセンスの悪い悪口を炸裂してしまった日には評価が一変する。あの人悪口ばっかりで嫌ね、と。みんな「あの人」の悪口をエンタメとして消費していたのなら同罪じゃないかと思うのだが、「あの人」を生贄にすることで共犯関係を離脱するのだ。

 

 私は場の空気に酔って悪口を嗜んでしまう人間だ。何だか連帯感が生まれるし、普段大人しい人でも活発な人でもどんな人でもみんな同じ熱量で盛り上がれるし、ついつい楽しくなってしまうのだ。そして後日罪悪感に胃を痛めて後悔するのだ。もう人の悪口は言わないようにしようと心に誓うのだが、集まりで悪口が始まってしまうとついノってしまう。弱い人間だ。


 私の言う悪口のタイプは「ガヤ型」だ。主役格(悪口上級者)の人々が件の人物の悪行エピソードを話している間に「そうそう。」や「わかるわー。」などの相槌を打つ。私の担当パートはそれのみである。
 相槌しか打たない主義なのではなく、相槌しか打てないのである。才能がないから。
 自分に悪口の才能がないと思う具体的な理由には、「頭の回転が遅いので適切なエピソードを適切なタイミングで思い出すことができない」、「エピソードを思い出したとしてもわかりやすく且つ面白く話せない」、「件の人物の心情を画定して語ることができない(解釈の余地が多数あると選択肢を残したくなる性格なので)」、「そもそも自分が話題の中心になるのが苦手」等が挙げられる。才能がある人々は私ができないことの全部を軽やかにこなす。

 

 悪口の才能がないことの根っこの理由としては、幼い頃から自分の中に常識の判断軸を持たずに大人になってしまったのが大きいと思う。
 今でも自分のしている行動が正解か不正解かの判断が難しい。だから、変わった行動をしている人たちの行動が不適切かどうかを判断することができない。
 この前、図書館で大きな声で問い合わせしている人がいたのだが、訳の分からない事を叫んでいるのではなく問い合わせをしているだけだしどちらかといえばセーフかなと思ったが何となく不快な気もしたので、一緒にいた友人に「あの人の発声舞台向きだね。」と打診してみたところ、「頭がおかしいね。完全にイっちゃってるよ。」との回答をもらったので、あーアウトだったのかと判断できた。

 社会に出たことによって少しずつ自分の中の判断軸が育ってきたので、もう少し修行を積めば悪口の技術が向上するだろう。
 でも悪口はなるべく言いたくないので、悪口以外の話題を提供できるようになる事を祈っている。頑張ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
毒親育ちですが結構人生楽しんでいます。長い時間をかけて親と良い関係を築いていくことができたので、そのプロセスを共有できたらと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。