見出し画像

カナダワーホリで最初にすること


トロントに到着して丸一日が経過しました!
1日で全てを終えて土日はのんびりしよう!という目標があったので、奔走した1日でした。かなり広い範囲を歩き回りました。

最初にやるべきことは3つあありました。

早速、まとめまてみます。
カナダでワーホリをする人の役に立ったらいいな。(^^)



①simカードを契約する

まずはこれ!!
カナダは割とどこでもWiFiを拾うことができます。

それでも、
もし道に迷ったら…
もし危険な目に遭ったら…

そう考えると、一番必要なものはやはりスマホなのかな、と。

まずは契約する会社を決めます。
参考にさせてもらったブログはこちらです。


私も料金・エリア・ギガ数を考慮してChatrに決定。
プランはこちら。

そして店舗検索をすると家のすぐ近くに発見!
営業時間をしっかりと調べ、朝からその店舗の隣のティムホートンで朝ごはんを食べながら待ちました。

そして時間ぴったりに店舗へ。

え…?
開いてない!!

結局30分待ちましたが、店舗は暗いままでした。
(後からわかったのですが、暗いけど実は営業していたみたいです。)

このままでは今日の予定が全て台無しに…!
と思った私は急いで家に帰り、次に近い店舗を検索しました。

歩くこと30分。

ショッピングモール内の店舗で、無事契約することができました!!

前の人が時間かかっていたのですがトータルで30分以内に契約とアクティベートが完了。

すごい、素早い…!

説明してくれた人も親切で助かりました。

一つだけ聞き取れなかったのが、

お姉さん「デトボーを教えて。」
私「??何?(?O?)」

と聞くと、必要な理由を説明してくれましたが、そういうことじゃなくてw
もう一度言ってもらうと、

date of birth

でしたwデトボーにしか聞こえなかった…!

Chatrの店舗ではなくモールの中の携帯ショップみたいなところだったのでFido(大手携帯キャリア)の紹介をされ、来月来たら安いFidoの乗り換えプランが使えると教えてくれました。

なので、多分来月には乗り換えるかもしれません!

ちなみに$40のプラン+TAX+募金で$46.20でした
simカード料金はプラスTAXで$11.30で、合計$57.50でsimのセットアップは完了です!



②SINナンバーの申請

Social Insurance Numberの略です。
カナダで働くにはこのナンバーの申請が必須。

空港でのビザ発行をしてくれるImmigrationの隣でできると聞いていたので早速申請しようとしたらトロント空港では夜9時までの営業とのことでした。私が到着したのは10時頃だったので断念。

改めてService Canada Centreの場所を調べて行って来ました。

simをゲットしたモールから、さらに歩いて30分ほどの所。

SINナンバーに必要なものは、

・パスポート
・ワークパーミット(ビザ)

基本的にこの2つで大丈夫です。
私がインターネットで調べた時には両親の誕生日が必要と書いてありましたが、私は聞かれませんでした。

住所は郵便番号から必要になるので事前に確認しておきました。

お昼の時間帯に行ってしまったからか、面接の担当者が少なく混んでいました。待つこと15分ほど…。

名前を呼ばれて行ってみると、が、ガム噛んでる…!w
海外では結構普通な光景だと思いますが、ガム噛んでるし超だるそうに仕事してるし仏頂面だし、何とも言えない気分になりました。
そして彼は突然席を立ち上がり、隣のブースの面接官に何かを聞きに行きました。

戻ってきて聞かれたのは、

「名前変わったか。」

でした。私は親の離婚と自分の離婚で「父の名字→母の旧姓→元夫の名字→自分の旧姓」と3度名前が変わっています。なので、いつのことかわからず、変わりました。と答えて、名前を伝えました。でも何だか話がかみ合わない。理由を説明させられ、徐々にイライラ。その人の態度が悪いことも重なり、何でこんなところで自分の離婚の話をしなきゃいけないんだよ!と。しかも相手もめんどくさくなってきたのかすごい早口でボソボソと説明しだして、私もイライラをはっきり態度に出して、「ゆっくりはっきり喋ってくれないと理解できない」と伝えたところ、ちゃんと対応してくれました。

しかし結局後から確認したら住所の郵便番号間違えられてた…!!!
いや、すぐに確認しなかった自分が悪いので、仕方ないです。後日変更してこようと思います…。

なので、皆さんはすぐその場で絶対に確認してください!(ちなみにワークパーミットの期限もビザ発行時に間違われた人がいるので要注意です。)



③銀行口座の開設

最後は銀行口座の開設です。

色々と調べた結果、CIBCという銀行が一番ワーホリピーポーにはお勧めということでCIBCにしました。

理由は、カナダでは口座を維持するのに毎月必要な料金が、Foreign workersの場合には1年間無料になるから。

年間で見ると結構な違いになると思うので、オススメです。ただしカナダトラストだったかな?大手の銀行の中には日本語で開設できるところもあるようなので不安な人は調べてみてくださいね。

さて、CIBCの口座を開設するには予約が必要です。ホームページから最寄りの店舗を検索し、希望の日時で予約ができます。オンラインで全てできるなんて楽!
今日の朝8時に予約しましたが午後4時半の予約が最速でした。

予約時には電話番号が必須で、持ち物確認の電話が来るとのことでしたが、私はまだsimカードがありませんでした。そのためとりあえずイタリアの番号で登録しました。

予約すると後からメールで担当者の名前と連絡先が送られてきます。simをゲットしてすぐにこちらからメールで電話番号の変更連絡をしました。すると、すぐに(本当に2分くらいでw)担当者から確認の電話がかかってきました!はっきり話してくれたので電話でも聞き取りやすかったです。作りたい口座を「Foreign Workers用で!」と伝えると、あちらも準備ができるようです。銀行の中にも知らない担当者がいるらしいのではっきり伝えたほうがよさそうです。普通に作られると毎月維持費を支払うことになります。

時間ちょうど(10分前行動ですが)に行き、担当者の名前と予約がある旨を伝えます。

この担当者が本当によく話す人でした…!
この人が話した内容については明日まとめます。

必要なものは
・パスポート
・ワークパーミット(ビザ)
・電話番号
・住所がわかるもの

私はSINを先に申請して入手していたのでSINの紙を住所がわかるものとして提出しました。(ここで郵便番号間違えられているのが判明)

あとは待つのみです。
すごくよく喋る人で1時間くらいかかってしまいました。

ですが特に大切なことはそれほどありませんので、適当に聞き流しても大丈夫だと思います。すべて後からもらう紙に書いてあるので読めばOKです。
クレジットカードは不要と伝えると理由を聞かれますが、いつまでカナダにいるかわからないしもうクレジット持ってます。と伝えました。必要な人は作っても良いと思いますが、そんなにメリットはなさそうです。

checking account
saving account
US dollar account

の3つが作られました。
基本的には上の2つを使います。

savingから直接下ろすと手数料かかるから一旦checkingに移す、とかその辺の説明は聞いといたほうが良いかもしれません。私はもうホームページで見て知っていたので「そうなんだ〜」みたいな感じでかわしてましたw

完成したらその場でカードをもらえます。
そして店舗内のATMでパスワードを入力してアクティベート!その後オンラインアカウントの設定とアプリの設定も店舗内で教えてもらってできます。超便利!

色々とまとめてもらったファイルは私も担当者もすっかり忘れていてそのままデスクに放置されていて後から電話が来て取りに戻りました。(^^;)

何はともあれ、問題なく作成完了し、早速お店で使ってみました。



やるべきことは早めに終わらせると楽

これでやるべきことは終了!
あとは随時必要な時に必要なことをやっていけばいいのかな、と思います。

心配事があると精神的に疲れてしまうので、やれることは全部早めにやっちゃおう!

そんな精神で今後ともやっていきます。明日はのんびりできる〜!!

始まったばかりですがトロントワーホリ楽しめるといいな(^^)v

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは大事に貯めて将来日本の教育に貢献したいと思います。本当にありがとうございます。

わーい!ありがとうございます!幸せをあなたに!
8

あも@動画クリエイターxライターx日舞

❤️photo.youtube video.travel.Kimono 🇩🇪(8月)←沖縄←🇨🇦←🇮🇹←🇺🇲←🇳🇿 全てに全力投球! Twitter@amitalylove
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。