The Box Man. 安部公房

自分の部屋の中で考えられることには限界があって、その世界はいくらグググっても拡張しない。

安部公房の『箱男』は、見られたくない男が箱に閉じこもって外を眺めていた。1973年に書かれたが、ネットの世界を予見したかのような慧眼だった。

常に自分の常識を覆される場所に行って写真を撮る。目的は写真じゃなくて「自分の目を洗うこと」

There is a limit to what can be thought of in my room, and the world doesn't extend even if it is googled.

The man who doesn't want to be seen is a novel to look at the outside in the box "The Box Man" of Kobo ABE. It was a insight as if it had foreseen the world of the Internet in 1973.

Always go to places where my common sense is overturned and take pictures. The purpose is not to take photographs, but to wash up my eyes.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ノリだけで書いてるけどな!
24