「原子レベルの美しさ」

知人と旅行したり、初めてのスタッフとロケに行ったりすると、俺の撮り方に驚かれる。「いつもSNSで見ている写真はこう撮っていたのか」とわかるからだろう。

歩きながら目に入った美しいモノを何でも撮る。じゃあ、美しくないモノはあるかと言えば、ない。とにかく自然も人もモノも、世界のすべては存在しているだけで美しいのだ。

だから「これを美しいと思いなさい」「この店のパンケーキが流行です」という他人の情報で動くことに不思議さを感じない人は、俺が撮っているモノを見て「なんでそれ撮ってんの」と不思議がる。

写真は宗教によく似ていると思っている。あらゆるモノを原子や分子レベルにまで分解して、有史以来その組み合わせでできているつながりや綻びに涙する。

あることだけで奇跡であることを「有り難い」というわけだけど、審美眼という狭い受け止め方ではなく、全部の風景が原子レベルでフラットに見えたときに、美醜を無価値にする価値あるビジューが見えてくる。

冬の空を背景に葉のない枝があり、その前には工事車両がある。カメラを向けた瞬間「そんなの、満開の桜に比べたら絵にならないじゃないですか」という声も聞こえる。耳栓してるけど。

本当にそうかな。桜や紅葉や六本木のイルミネーションだけが美しいのかな。テーマパークに行くことや友だちとの飲み会だけが記念写真なのかな。

俺はこういう風景に向かって「お前ら、写真に撮られたことないだろう」と心の中で思いながらシャッターを切るのだ。

定期購読マガジン「写真の部屋」
https://note.mu/aniwatanabe/m/mafe39aeac0ea

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

押すねえ!
153

ワタナベアニ

写真家・アートディレクター。着ぐるみの中は繊細です。1964年生まれ。現在「ロバート・ツルッパゲとの対話」出版準備中。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つ のマガジンに含まれています