見出し画像

みのへん退会について

オンラインサロン箕輪編集室に加入したのは2019年6月の無料キャンペーンの時。転職するかしまいか悩んでいた時に『死ぬこと以外かすり傷』を読んだ時から箕輪厚介さんには会ってみたいと思っていました。その後、最高に面白い企画ができた!と上司にぶつけたら「生き急ぐな」と謎のコメントを貰い、辞めることを決意したわけですが、死ぬカスの考え方をしていれば上司に相談せず実行してしまっていたと思うので、自分はそこまで狂えなかったわけです。そんなこともあり、本人に会ってみたいな、と箕輪編集室にも入るタイミングを探っていました。

転職に成功し、4月5月と色々生活に慣れた頃、初月無料キャンペーンがあるではないか!と申し込み。ライターチームに参加して、書籍作りの知識を手に入れたり幅広く友人を増やしたいと思ったものの、結局参加したのは最初のZoomのみ。

これはその時書いたnoteです。やっぱ大したことじゃなくてもnote記録しておくといいな。


みのへんnoteを見たり、Facebookページを見たりはするものの、実際の会合に行けないままに3ヶ月が経ってしまいました。残念ながら、これにお金を払い続けるなら他のことに使いたいと思ってしまいました。仕事以外にも他にやりたいことが多過ぎて新しいことに時間が使えないのです。

以前から参加している草野球は2週間に1回くらいあるし、自分でもチーム立ち上げて。妻や子どもとも一緒にいたいし。たまに副業の依頼が来るし。

最近自分でクラウドファウンディングを立ち上げ草野球道具を買うためだけに11,800円いただくことができ、それに感謝して友人が募集していた募金に1,000円送ってみたり、ウィキペディアで寄付を募っていたので1,500円送ってみたりしました。



退会しますとツイートしたら公式含めて3人が温かいリプをくれました。みなさん優しくて良いところだなと思うので、また参加できそうな時が来たら今度は活用するために申し込んでみようと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

レペゼン群馬、新井将司。世界一になる日まで走り続けます。支えてくださる皆さんに感謝。

一日一善

新井

小中学生向けの教材制作をしています。以前は予備校勤務→大学受験教材制作。周りに辛そうな教師が多いので、社会と子供の未来のために教育を変えていこうと働きます。noteは教育、育児、趣味の野球、食べ物について雑多に書いたり写真を投稿したり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。