見出し画像

Tile Mate(探し物はどこですか?)

こんにちは、青山有です。

皆さんはスマホを紛失したことはありませんか?

そんな間抜けじゃないぜ! と言う声が聞こえてきそうですね。

では、家のカギや車のキーは? 財布は?

家の外で落とすだけでなく、出掛ける前にどこに置いたのか忘れ、自宅内を探し回ったことはありませんか?

焦りますよね?

そんなときに役立つのがタイトルにある『Tile Mate』です。

「何か面白い商品はないのか?」とスマートスピーカー(Amazon Arexa)対応製品をツラツラと眺めていて見つけました。

早速、電池交換タイプの四個セットを購入。 

一つ一つの大きさはこんな感じです。

この『Tile Mate』、スマホと連動させて使います。因みに私はiPhone Xを使っているので以下のレポートはiPhene XとTile Mateの連動レポートとなります。

連動は簡単。

スマホに専用アプリをダウンロードし、スマホの隣で“tile”とかかれた部分を押すだけ。たちまちBluetoothで接続されます。

実は中央部分銀色の“tile”と書かれた部分がスイッチになっているのです。

簡単に連動できました。Tile Mateはキーケースに付ける予定なのでiPhene Xにダウンロードしてあったアプリ『Tile』に“お父さんのカギ”と登録します。 

登録が終わったので早速テスト開始。

先ずは連動させた『Tile Mate』をキーケースに取り付けます。

※ 画像にあるように『Tile Mate』には左上に穴があります。これがキーホルダー等に取り付けるためのものです。

iPhone Xが見当たらないと仮定し、キーケースに取り付けた『Tile Mate』のボタンを押します。

するとどうでしょう。

マナーモードにしてあったにもかかわらずiPhone Xから音が鳴るではないですか!

こうして無事にiPhone Xを見つけ出すことができました。

では逆のパターン。キーケースをどこに置いたか分からないと仮定しましょう。

iPhone Xにダウンロードしたアプリ『Tile』を起動させます。先ほど登録した“お父さんのカギ”アイコンをタップすると、キーケースに取り付けた『Tile Mate』から突然メロディが流れ出しました。

意外と大きい音がします。これならカバンの底にあっても分かるでしょう。

こうして無事にキーケースを見つけ出すことができました。

「あれ? どこに置いたかな?」

とういうことが多いあなた。心惹かれませんか?

そうそう、欠点を一つ。

Bluetoothで接続なのでスマホのバッテリー消費が少し大きくなります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

青山 有

ファンタジーと仮想歴史を手掛けるライトノベル作家です。Amazonアソシエイトプログラムに参加しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。