見出し画像

大変と言うけど

一年ほど前、通り道のお寺の前に掲げられていた手書きのポスター。なんか心に止まって、写真に収めていた。

大変と言うけど
大変は
大きく変ると書く
かならず変る

その時は、へーうまいこと言うなぁ、なるほどねーくらいに思っただけだった。手書きのイラストの杖が随分か細くて折れそうだけど大丈夫か(笑)とか、「変る」と「変」も同じ漢字だ。変人でもいいですか?などと1人でツッコミを入れたりして、妙に食いついたけど、面白半分だった。

だけど、案外、その言葉が残ってる。

「かならず変る」

事あるごとにふっとこの力強い言葉を思い出し、折れそうな心が軽くなっていることに気づいた。

こんな風に、聞いた時はそこまでじゃなかったのに、案外残っている言葉というのは他にもある。

もうずっと前、電車の中でそんなに仲良くない職場の人と同乗することになり、何かしら話さなきゃと思いながら話していた時のこと。
「私って流されやすいんですよね〜。。」というようなことを言うと、その人はさらっと「あー、淀むよりはいいじゃないですか」と言ったのだった。その時は、「うーん、そうですかね〜」くらいに返しただけだったのに、その言葉が、案外、今の今まで残ってる。

「淀むよりはいいじゃないですか」か。

私の気の弱さも、浮き草のようなフラフラした生き様も、それはそれで良いんだと肯定された気がして、思い出すたびスウッと心が楽になるのだった。

「がんばれ」とか「すごいね」とかそういう月並みな言葉じゃなくて、シンプルだけど人の心をふっと軽くしたり、明かりを灯すような言葉。すぐ消えちゃうんじゃなくて、時が経ってもじんわり残り続けるような言葉。そんな言葉を、私もごく自然に、ふわりと言っていけたらいいのになぁ。

今、殊更にそう思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがたく使わせていただきます。

😻
3

有永渡季

お寺の宿坊で住み込みバイト中。この夏、高野山での日々を綴っていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。