あつのり

渡部敦則 青森県三沢市出身、沖縄県在住。短歌詠みます。 国民文学所属 第二同人 最初は短歌を中心にしたかったけど、思ったより色々な物事を言葉にしたくなったので、色々のメモ

原稿提出!やっと自分のゴールデンウィークが始まった気がします。

午前零時令和のチャイムの響きだす夜空の星のさらに輝く〈国民文学 令和元年5月1日締切分〉

黒縁の眼鏡かけて鏡越し見慣れない顔に今日もおはやう

原稿の傷口より赤裸々の鬼の唇の開きを真似る

業務上の質問に言葉が詰まるからホワイトボードにまず殴り書き

液晶に新卒の同じ顔並んでてスーツの乱れも一切見られず

沖縄に束縛されて口詰まるただの詩人になぜ成れようか

物理的に十分あれば書けるのに三十一文字の結句が見えない

言ひたいことがあるはずなのに空を見る勉強不足で言葉が足りず

改元のカ

もっとみる

短歌メモ12首揃った!こっから普通に世に出せるように添削 190501-1756

黒縁の眼鏡つけて鏡越し見慣れない顔悪くない顔

原稿の傷口より赤裸々の鬼の唇の開きを真似る

業務上の質問に言葉詰まるからホワイトボード汚文字で要点

液晶に新卒の顔の並ばれて同じ顔なり個性を磨け

沖縄に束縛されて口詰まるもはや自然を詠わせてくれないのか

……
なんとなく戦争を

前のめりの時間

情報は腸に膨らま早口になる

言葉に詰まるメモに殴り書きしてこんなにも頭の中の情報

得意げに饒

もっとみる

短歌メモ、あと7首! 190501-1714

黒縁の眼鏡つけて鏡越し見慣れない顔悪くない顔

原稿の傷口より赤裸々の鬼の唇の開きを真似る

業務上の質問に言葉詰まるからホワイトボード汚文字で要点

液晶に新卒の顔の並ばれて同じ顔なり個性を磨け

沖縄に束縛されて口詰まるもはや自然を詠わせてくれないのか

……
なんとなく戦争を

前のめりの時間

情報は腸に膨らま早口になる

言葉に詰まるメモに殴り書きしてこんなにも頭の中の情報

得意げに饒

もっとみる

令和初っ端から原稿締め切り!本日!うわわわわわ!!全く書けない(やる気がしない……)短歌短歌!いでよ短歌!

短歌、明日締め切り。毎月毎月、ギリギリで、短歌12首を出さないと行けにいけど前日になっても1首も作れてないという。毎月そうだけど、締め切り直前なんとか毎月毎月出している。締め切りは絶対守る。それを守れなかったら短歌を続けられないだろう。