見出し画像

ハワイのスーパーマーケットから、”ヘルシーの未来”を考える

外国のスーパーマーケットは、食トレンドを探るヒントで溢れています。

野菜のバリエーションは日本の生鮮のモデルケースになり、惣菜コーナーのトレンドはそのまま日本のデリの参考資料になることでしょう。今回は個人的用事で立ち寄ったハワイのスーパーマーケット数店舗から、トレンドの中でも特に「ヘルシー」の未来を探ってみたいなと思います

ヘルシー(健康)は、これからどんどん拡大していく大きな流れ。早めに傾向をキャッチアップしたいなと思って、ヘルシーに焦点をあててみました。


私がハワイで行った4つのスーパーマーケット。

私が行ったスーパーマーケットはこちら。

WHOLE FOODS…日本の紀ノ国屋インターナショナル
言わずと知れた豊富なオーガニック商品を揃えたスーパーマーケット。近年Amazon傘下に。
WHOLE FOODSのブランドサイトはサラダシズルがとても美しくで好きです。

■FOOD PANTRY…日本のマルエツ
ワイキキのクヒオ通りに面している、中規模のスーパー。隔日で使わせてもらいました。

■FOODLAND…日本の成城石井
アラモアナショッピングセンターの1Fある大規模なスーパーマーケット。ドーナッツ自動揚げる機があったりエンタメ性も高い、少し高価格帯のスーパー。

■TARGET…日本のイオン・イトーヨーカドー
衣類が有名ですが生鮮食品も揃えています。上記の2店舗(ホールフーズ、フードランド)よりも比較的庶民派は価格帯で嬉しい。


******************

■WHOLE FOODS

私が行ったのはワイキキのカハラ店とカイルア店。

ところどころにAmazonPrimeのPOPがついている。

個装されていない野菜たちを見ると外国〜!!という気持ちになります。サンダーバニーが食べてそうなにんじんがかわいい。

印象的ななのはロマネスコのサイズ感。日本の2〜3倍の大きさでした。品種が違うのかな?

ブルーベリー×ケールの「レインボーサラダ」というのが美味しそうでした。

ヴィーガン専用の惣菜コーナー

さすがホールフーズ。ヴィーガン専用の惣菜コーナーがありました。ビーツをダイナミックにカットした「ビーガン ビーツサラダ」、「ヴァッファローロースト カリフラワー」「ヴィーガン デトックス サラダ」など一度味見してみたいものばかり。

個人的に喜んでしまったのは、このザクロ。

■FOOD PANTRY

庶民派なスーパーのFOOD PANTRY。ザ・アメリカのスーパーマーケットという感じで居心地がよかったです。

大味な陳列ながら、豊富な野菜のラインナップ。バターピーナッツもあります。ピーマンのサイズに驚きます。

トマト缶のパッケージもかわいい。


ハワイのスーパーマーケットの特徴として、ヨーグルトの豊富なバリエーションに感動。特にギリシャヨーグルトがたくさん!
チーズ類もたくさんありました。



■FOODLAND

美しい野菜のバリエーション。右下には長茄子はとてもおいしそう。キャベツのサイズは日本並み。白菜は小ぶりでした。

面白いなと思ったのが、このキノコ類の陳列。ボックス収納。

野菜コーナーの横には、活用レシピのPOPが。とてもスタイリッシュなメニューたちで驚いてしまった。

フードキットも豊富。野菜たっぷりのフードキットでした。

ここにもデリサラダコーナーがあります。紫芋をふかしたものや、ビーツのサラダ。


■TARGET


カイルア店に訪問。広い空間で、イメージとしては日本のイオン。生鮮も衣類も家電もすべワンフロアにある感じです。

ブランドカラーの赤が映える空間の中にごちゃごちゃっと食料品がある感じ。価格帯も手頃でした。

調理器具売り場や本売り場で露出したのが、彼女。
クリッシー・テイゲンさん。

コンブチャもとても自然にに置いてありました。

ミルクのパッケージもかわいい。


ストレスのない”ヘルシー”な食生活をどのように創出するのか?

ハワイに行って人々の体型の二極化に驚かれました。
極度に肥満な人がいる一方で、適切な筋肉がついて細身が女性たちもたくさん。富裕と体型は相関しているとも言われていますが、「健康意識」の境界線を感じずにはいられませんでした。

何かを我慢して一時的にヘルシーな食生活をする暮らしから、持続可能なヘルシー食生活へ世界全体がシフトしていく時、どんな食材や調理法、調味料がトレンドとしてどのように浮遊していくのか、とっても楽しみになりました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

渥美まいこです。 いただいたサポートは、食トレンド調査に大切に使わせていただきます。感謝…。

な、なんとーー!やったー!
30

渥美まいこ/食トレンド研究

フードプロデューサー/家庭料理ジャーナリスト 1986年生まれ。食トレンドをマーケティング、社会学、心理学あたりから観察して提案する楽しい仕事をしています。 ベトナム料理が大好きです。

Food Database

地道に集めてる情報ソース元
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。