バイきんぐ小峠さんの「定食注文」問題に見る、飲食店対応の難しさ

昨日、こちらのネットニュースを見ました。

バイきんぐ小峠の「メンチ抜き」は迷惑? 融通の利かない定食屋に賛否の声

livedoor ニュース風にざっくり言うと…

1)お笑い芸人のバイきんぐ・小峠さんがある定食屋に入り「唐揚げメンチカツ定食」を見つける

2)この日は唐揚げが食べたかったため、「メンチ抜き・唐揚げのみ」を注文

3)店員に「そういうのはやっていない」と言われ、「どうしてできないんだ」と押し問答になった

ということ。

お客さんとしては「唐揚げとメンチを組み合わせた定食があるんだから唐揚げのみの定食も出せるでしょ」という考えに至るのはよーくわかります。実際にどちらも出しているお店が「ミックス定食」にしているところもありますしね。

でも、長らく飲食業の端っこで仕事をしていた私からすると、これはやって欲しくない迷惑な注文だなと感じました。

ニュースだけではよくわからない箇所がありますが、店側としてはどうして迷惑になるのか、ちょっと掘り下げてみたいと思います。

異なる食品を組み合わせるランチには意味がある

そもそも、お店はなぜ「唐揚げ定食」もしくは「メンチカツ定食」を用意していなかったのでしょうか?これも詳しいことはわかりませんので推測の範囲を出ませんが、おそらく唐揚げ・メンチカツともに一皿の定食として出せる個数が足りなかったのでしょう。

もともとランチは採算度外視で営業しているお店が多いので、その日安く手に入った食材で、なるべく多くの食数を無駄なく出したいというのが本音。唐揚げ一人〇個、メンチカツは〇個と一皿に乗せる数がきっちり決まっていることが多いのです。

店側はどうして断ったのか

http://alfalfalfa.com/articles/210685.html

こちらのサイトによると、

メンチカツは食べたくなかった小峠は「メンチカツはいらないんで、唐揚げだけでお願いできますか」と注文

とあります。一見簡単にできそうですが、これは私が店員でも断るな…と思いました。ちょっと考えただけでも、

・唐揚げメンチカツ定食として正規の料金を請求していいのか悩む

・小峠さんの定食の皿を見た別の客が「俺も唐揚げ定食にして」「メンチカツ定食にして」と注文してくる恐れがある

・後から”メンチカツが入っていなかった”と言われる恐れがある

と、問題になりそうな可能性がいくつも出てきますから。

格安ランチを出す定食店は時間が勝負。少ない人数でも日々対応できるよう必要な業務はマニュアル化しています。言ってしまえば、こうした要望を一つ一つ受け止める必要がないからこそ安価な定食が出せるんですよね。

今回のようなイレギュラー対応があれば、店長もしくは料理長に確認を取る必要があり、手を止めている間は他の客にも迷惑が掛かります。ひいてはそれが店の信用や評判を落とすことにもなりかねないんです。

「たかが唐揚げで大げさな」と思う方もいるかもしれませんが、店舗へのクレームだけでなく、SNSで瞬く間に拡散される時代になった今では当然の自衛策と言えるのではないでしょうか。

結局小峠さんは「唐揚げメンチカツ定食」を注文し完食したそう。メディアで取り上げられたことで、SNS上では賛否両論の声があげられていました。

「なんで店はこんな簡単なことができないんだよ」と思っている人に分かってもらえたらいいなと、今回書いてみた次第です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがトゥーッス!いつかあなたに自慢の唐揚げ作ってあげるね!
2

ayatakubo

料理雑記

食べ歩いたり考えたり感じたりした記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。