カイチ 登場人物


ヨニングンイグム チョン・イル
バンチョンバングィ(半賤半貴)の下品な王子ヨニングンイグム。
彼朝鮮王朝の 最も偉大な 王の一つとなる。

第19代の王である粛宗の息子。
王の血縁、堂々とした王子にも母親である
スクウィーンチェ氏が 賎民であるわけで は認められない人物である。

どこにも無駄な下品な王子、
それが「ヨニングンイグム」のタイトルだったのだ。

そうするうちに偶然に小麦プングン弾の事件に介入することになり、
その日老論の陰謀に陥り、絶望と苦痛を飲み込むされる。
最終的にはすべてのものを失ったイグムは、愛する人を
守るために 力を持たなければなら誓っする...

「もしかしたら...ノリパンの言葉のように、
王になってくれる王子一つ。必要にならないですか?」

一時、何もなかった存在。
バンチョンバングィ(半賤半貴)の下品な王子ヨニングンイグム。
彼朝鮮王朝の最も偉大な王の
一つになる旅が始まる。

パクムンス
情熱いっぱいの、熱血、正義の監察
後日、朝鮮最高の潜行御史!

朝鮮時代、勢力が弱い「少論」の中でも
名前出ない家の中で生まれた文殊。

両班の一族であっても加勢は翰林た父親​​さえ
早く失わ 未亡人が難しく勉強したケース。
しかし、そう見る何か、
生まれつき頭がついてくれないことを。

根性と情熱、定義を追う大(意氣)だけ
当代朝鮮の上位1%

それでも、その夢だけはガッチリ尊敬する
先輩ハンジョンソクよう 司憲府の 監察になること。 なぜかって?
社内デジャンブならすべからく 本当の 剣を手にして 最も
強い者先で最も弱い者を守るためである。

粛宗末の激しい世子チェンジャ、
偶然出会ったイグムと悪縁に運命を開始する。
裏切り者と思ったイグムの行動がどうして以上である。
洗剤がされた彼は追い出された余地を司憲府に復帰させ
こっそり文殊を助け ダルムンを通じて著者民の生活を探る。

彼も自分と同じ夢を見ていたのだろうか?

ヨジ

朝鮮時代の上の人!歩く人間兵器!茶母

しかし、心は限りなく弱い、司憲府の熱血毛深い。

司憲府内毛深いはもちろんであり、すべての所有(捜査官)を あわせて

武術と捜査に最も可能な人材の中人材だ。

仕事関連のものは、繊細でうるさい

鋭敏な完璧主義者が それを除く 世の中のすべてのものは

私は知らない、何も知らないです。

彼女の父親はかなり有能な所有(捜査官)だったという。

しかし、相関の人に有力者の不正を追跡していた中

行方不明になり、 若い年齢で一人になった 余地は

父の関係であった ハンジョンソク父親の 手に収めて

定石と育った。 定石は彼に 兄弟 の父のような

存在であり、 定石の奥さんは、母のような存在であった。

そんなある日、小麦プングン弾の事件を追跡している途中

偶然出会った 手に負えない王子イグムと紛糾さ

大きな陰謀に巻き込まれるが...

分かってみれば「喪女」そのものである彼女の成長期が始まる。

タルムン/バクフン

ミンジンホン/イ・ギョンヨン

ソ老論勢力の実質的なヘッダー。

権力を失うことは、すなわち死である。

粛宗の正妃であった仁顯王后の兄で

姉が廃妃になって家が崩れる危機を経験し

生死を行き来する権力の生理を誰よりも切実にケオチョトダ。

彼はミスを許さない。

いつも必ずそれに相応する代価を払うことにする。

弱点が多く、王だけさせてくれれば言うようにしてくれる

ミルプン君イタンを老論のかかしでサムアトたが

ヨンリョン君を毒する風にすべての計画がずれてしまう。

以後、誰も予想できなかったヨニングンイグムと

カードを見つける。気に入らないが、

すぐに自分の言葉になってくれる人形が切実だった。

必要によってイグムを洗剤で上げ

不本意王を作ってくれたミンジンホン。

最後までイグムと敵対する強力な政敵ことにより、

イグムをさらに堅くする存在になる。

ウィビョンジュ/ハン・サンジン

完全に没落した南人の血統であり、ハンジョンソクの信頼友。。。

権力のために命知らず生来処世が。

没落した南人両班家の家に生まれたウィビョンジュ。

優れた天才的頭脳を持つせいで荘園合格でイプギョク、

司憲府の監察になる。

衛兵与える自分ならない。

この世の中に自分だけのスマート人はいないだろう。

数斜面調査、政務面政務。ミスもバッチリも

衛兵主に任せたらあり得ない。

しかし、衛兵与える知っている。荘園というタイトルで

どのように司憲府まできたが、ソの世界では、

老論と前置きで挟まない南人の名は

彼に一生の足かせになることだった。

そんな彼が老論の首長、ミンジンホンと手を握るされ、

権力のために、危険な選択もいとわなくなる。

ハンジョンソク/イ・ピルモ

30代半ば。司憲府の監察。老論出身だが家と縁を切って監察として穏当な使命を果たそうと努力する人物。ミルプン君の犯罪を捕捉して妥協せずに原則に基づく捜査をして、かえって賄賂を受けたという濡れ衣を着せられ書くようになる。

ウィビョンジュによって殺される

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

アゼリア

相関図まとめ

ドラマの相関図まとめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。