幽霊さんぽ

最近、月の力が気になる。

海の水を引っ張りあげて、潮の満ち引きに影響するくらい巨大な力なのだ。

人間に影響しないわけがない。

少しインターネットで検索して調べてみた。

満月は、感情が高ぶりやすく、なんでもよく吸収する。

新月は、直感が冴え、何かを手放したり整理したりするのに向く。

そんな傾向があるそうだ。

ほんとかどうかわからないけど、僕はときおり「冴え」の感覚を感じることがある。昨日も、そうだったかもしれない。今はちょうど、新月を少し過ぎた頃合いだ。月の影響もあって、僕は冴えていたのか。

自分がそこにいないかのような、達観。

ものを、ひとを、よく見れば見るほどによく見える。

なにかを入れるには、まずあるものを出さなきゃならない。モノでふさがった押し入れは、それ以上なにも押し入れることなんてできないのだから。

新月の僕はなにもない、すっからかんの幽霊だ。そんな体感を覚える。

幽霊が這いずり回って、街をふらふら、ふらふらと。

噂に聞いていたカフェに入ってみる。

惰性で持ち歩いた本はリュックの中に入れたまま、触れないようにした。

店を、人を、音を、空気を。

供されたカフェラテの、甘くてすっぱいふくよかな匂いを。

すっからかんのあたまを持ち上げると、白熱電球。フィラメントが放つ強い光。けど優しい。そうか。強いものは優しいのか。

何気なくレンズを向けると、アルファベットの「A」がモニターにあらわれた。それはフィラメントの形がレンズに反射したものだったのだけれど、なんとなくこの店に、この場に、この世界に歓迎されたような気がした。僕の名前の頭文字が、「A」だからだ。

それだけのことに、おおげさにも自分とこの世界のつながりを認めることができる。

現実にはありもしないものかもしれないけれど。

そうか、僕は幽霊だったかな。

まあ、どっちでもいいか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝です!
8

bandshijin

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。