艦これ2015年春イベントの思い出 E-3またまた軽巡棲鬼

さて、E-3だ。難易度は甲を選択。E-3、E-4、E-5には出撃制限がかかるため、これら3海域のうち1つに出撃した艦はほかの2つの海域に出撃できない。

E-4、E-5へ向けて戦力を温存しなければならないことも考えて選出したメンバーはこちら。

古鷹型投入。加古はお留守番。

ACDEJのルートで攻略を進めたのだが……

Cマスに登場するのが潜水艦。

ここで大破、もしくは小破・中破して次のマスで大破ということがあり、潜水艦対策の必要性を感じた。

そして件の「次のマス」Dで待ち構えているのがまたまた登場の軽巡棲鬼だ。

軽空母が出てくるパターンもあるが、まあ、軽巡棲鬼、相変わらず厄介である。攻撃をよく避ける上に装甲も固く、昼戦最後の雷撃戦までに中破以上に持っていけなかった場合には怖い怖い雷撃が待っている。

ボスは輸送船。到達さえしてしまえば怖くない。

というわけで

1回目:AC古鷹大破

2回目:ACD衣笠大破

3回目:ACDEJ(ドロップ艦:熊野)

4回目:ACD鳳翔大破

と、ここで編成変更

鳳翔を外し瑞鳳を入れた。瑞鳳には普段から対潜装備を積んで1-5で活躍してもらっているので、潜水艦対策である。


5回目:ACEDJ(ドロップ艦:木曾)

6回目:ACD瑞鳳大破

7回目:ACD衣笠大破

8回目:ACDEJ(ドロップ艦:愛宕)

9回目:ACDEJ(ドロップ艦:筑摩)

10回目:ACDEJ(ドロップ艦:足柄)

11回目:ACDEJ(ドロップ艦:熊野)

12回目:ACDEJ(ドロップ艦:島風)

以上、12回でクリア。

ボス最終形態では軽巡ツ級が増える。

祥鳳さんが半裸になりながらも制空権確保。

うまくスクリーンショットが撮れなかったが、最後の一撃はビスマルク。

これらの装備をもらったんだが、プリエーゼ式防御、使う機会あるかな……

さあ、次は前半戦最終海域、E-4だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

旅烏

艦これの話

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。