BARCELONA FOOTBALL STAGE

スペイン発オンライン・コーチングスクールAFOPROのスペイン人講師&スペイン在住の日本人監督によるコンテンツを提供。※コンテンツ販売という商品の性質上、返金は受け付けておりませんので予めご了承下さい。また、当コンテンツの無断転載・複写は著作権の侵害の対象となり禁じております。
固定されたノート

AFOPROとは

プロフェッショナルな人材を育成するためのアカデミー。【Academia de FOrmación de PROfesionales del fútbol】(以下AFOPRO)は 当初スペイン語圏の指導者を対象としてフットボールの様々な分野で、フットボールの世界において模範となるようなプロフェッショナルな人材を育成するための知識を提供する目的をもとに誕生しました(スペイン語圏向けAFOPROはこちら

もっとみる

ビルドアップトレーニング

トレーニングの概要

ビルドアップの強化を目的とした9対6のオレアーダトレーニング。
攻撃チームはボールを前進させながら、ミニゴールへのフィニッシュを試みる。一方、守備チームはボールを奪ったらゴール方向へのカンター攻撃を開始する。
攻撃側の前進が簡単すぎる場合、守備チームに選手を追加し9対7、9対8と人数を調整する。

AFOPRO的リヴァプールのプレーモデル分析

今回紹介するのは、今シーズンのプレミアリーグで最後まで壮絶な優勝争いを演じたリヴァプールである。そのダイナミックなサッカースタイルは多くのサッカーファンを惹きつけ、また監督ユルゲン・クロップのカリスマ性はスペインでも話題に挙がることが多い。

前チームであるボルシア・ドルトムントも含め、彼はチームのパフォーマンスを最大限にまで引き出していた。この2チーム間には若干の選手層の違いはあるものの、ゲーゲ

もっとみる

AFOPRO的トッテナムのプレーモデル分析

マウリシオ・ポチェッティーノは、プレミアリーグでその名を大きく轟かせることになった。この4シーズンの間、彼はスパーズに壮大なパフォーマンスをもたらした。これは国内のリーグ戦を見れば明らかであり、多くの指導者や分析官たちからその働きが称賛されている。

今回は、今シーズン1-4-2-3-1システムから1-4-1-2-1-2システムへと変貌を遂げ、トッテナムが生み出した洗練されたプレーを分析していく。

もっとみる

AFOPRO 10種類のトレーニング:相手のいる状況下でのフィニッシュ編(巻末特典付き)

《イントロダクション》

現代フットボールにおいて、選手に対して相手のいる状況下や状況決断を促進するためのトレーニング・メニューが最も重要となります。

今作品は、フットボールにおける最後のアクションであるシュート(フィニッシュ)に焦点を当てたものです。選手が実際の試合のこのプレーにおいて最短時間で自身の持つオプションの決定が可能となるでしょう。

AFOPROのスペイン人講師(プロ監督)が考案し

もっとみる

【20】AFOPRO的 セビージャのプレーモデル分析:1-3-5-2システム

近ごろスペインでは、3CBを用いたシステムを採用する監督が増えている。しかし、今回紹介する指揮官パブロ・マチンは、数年前にジローナを率いていたころからこのシステムを活用し、時が経つにつれて若干のニュアンスは変えつつも3CBと2WBによるこのシステムは常にその本質を捉えている。

彼はこのシステムで、ジローナをチーム創設87年目にして初の1部昇格に導き、素晴らしいリーガデビューを飾った。また、新チー

もっとみる