土俵にたてないでいる、私


新宿3丁目。


仕事帰り。
ゲイの友人がまわす
小さなカウンターバーに飲みにいくことは
私の大事な息抜きのひとつ。

友人でもあり、バーのマスターでもある
マーキーがつくるカクテルは
私のライフスタイルに欠かせなくなっている。

そこにいる洗練された男たちのほとんどが、ゲイ。

仕事のできそうな、"おこげな女"も
お客にまじってちらほらいるけど

ここでは女は
メインディッシュにはならない。

たいていその場所では
真剣に相手にされていなくて
だけど
けっして仲間外れにされているわけでもない。

その距離感が


“昔モテた。けど、今、オトコはいない”


そんな風に
どこか土俵にたてないでいる
私みたいな女には、居心地がよかった。


だから、
安全でほっとできる場所
それが私にとっての新宿3丁目。
いきつけのバーの近くで
例の「セクシュアル・ヘルス塾」が開催されるということで
イベント自体に、はやくも親近感がわいていた。



→next episode どうして君はイカないの?


私。荻野 月子、39歳。独身。 かれこれどのくらいセックスしていないんだろう? bda ORGANIC presents ”セクシュアル・ヘルス通信”では、セックスにまつわるさまざまなトピックスをお届けします。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。