見出し画像

ゲームマーケット初出展で自作のボードゲーム380個を売った話 - コンポーネントデザイン・仕様編(後編)

印刷会社の選定

コンポーネントの見積もりをお願いするには、印刷会社を決めなければなりません。これには無数の選択肢がありますが、特にボードゲーム製作が初めての自分にとっては、相談しやすく、ボードゲームの印刷のノウハウがありそうなところにお願いしたいなと考えていました。最近では、ボードゲームの印刷に特化したサービスを提供している印刷会社がいくつかあります。例えば、萬印堂や、タチキタプリントなどです。自分は、完全に直感とフィーリングで、名古屋の盤上遊戯製作所(以後、BGMさん)にお願いすることにしました。なんとなく相談しやすい雰囲気を感じたのです。

「キリンフォト」の仕様の策定

この続きをみるには

この続き:2,882文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンを購入頂くと、このノートだけでなく、全13ノートを全てお読み頂けるのでオススメです!

2018年11月24日(土)・25日(日)に開催された「ゲームマーケット2018秋」に「パティスリージレンマ」というサークル名で出展し...

または、記事単体で購入する

ゲームマーケット初出展で自作のボードゲーム380個を売った話 - コンポーネントデザイン・仕様編(後編)

Yoshihiro Shindo

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

参考になったらサポート頂けると嬉しいです!

よかったらシェアしてください!
36

ゲームマーケット初出展で自作のボードゲーム380個を売った話

2018年11月24日(土)・25日(日)に開催された「ゲームマーケット2018秋」に「パティスリージレンマ」というサークル名で出展し、ゲームデザインからコンポーネントデザインまで全てを一人で手掛けたボードゲーム2作品を販売し、みごと380個を売り上げることができました。今...
5つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。