車の隙間に入る猫を1匹でも多く救う方法

ちょっと実験的に主旨を変えてます。次からは本題に戻ります。

日産自動車が「猫バンバン」プロジェクトを始動 車の隙間に入り込むネコの命をバンバンして救おう! http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/26/news131.html

車に乗る前にボンネットを軽く叩くことによって、猫が車に入り込んだままエンジンをかけることを防ぐための「猫バンバン」を呼びかける運動とのことです。

「猫バンバン」を知らない人がいたり、「猫バンバン」を知ってても実際にはやらなかったりする人が多いでしょうから、このキャンペーンの心意気は良いのですが、あまり多くの猫は救えないでしょう。

さて、この「猫バンバン」が最も増える方法は何でしょう?

正解は有料です。いただいたお金は申告とかが面倒なので、以下のサイトでトップ・チャリティーとされた団体に全て寄付します。
http://www.givewell.org/ (英語)
NPOが行う事業の学術的な証拠や費用対効果を検証し、良い団体を紹介するサイトです。マラリアの防虫ネットや虫下しの配布が費用対効果が高いみたいですね。

この続きをみるには

この続き:433文字

車の隙間に入る猫を1匹でも多く救う方法

Behavioral Insights for Japan

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。