会社の仕事を作り直す方法(Chapter5)

■仕事は“機能”でつながっている

では、仕事と“本質”が一致するとはどういうことなのでしょうか。ビジョン(経営方針や事業方針)やミッション(部門の使命や役割)へ、仕事の方向がズレずに向かっている状態とは、どのような状態なのでしょうか。
そのために、仕事を次の視点で捉えてみましょう。

①. ファンクション
②. 重み
③. プロセス

この視点について、次の順番にお話ししていきます。

1 ファンクション − 仕事には必ず目的がある
2 重み − 仕事には重要度がある
3 プロセス − 仕事にはつながりがある

つづく

このブログは、弊社発行の小冊子『社員力を100%活かすための 会社の仕事を作り直す方法』を再構成しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!やる気をいただきました。
3

小久保重信

業務コンサルタント 【私は】 ・問題発生の構造を解明 、顧客ごとの提案資料 、企業の良さと標準化を両立 、やり方は無限 、プロジェクトの結果重視 【一般は】 ・問題指摘、犯人捜し 、提案資料を使いまわす 、効率化のために標準化 、自社のソリューション売り 、プロジェクトの進捗重視

会社の仕事を作り直す方法

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。