立春の候

春になりました。
といってもよく云う暦の上で、かと思いきや、少しずつ少しずつ、春の気配がしてきています。

関東地方でも北海道かと見紛うほどの雪が降り、まだその名残りもあるのですが、それでもちらほら梅が咲いたり日が伸びたり。

日が伸びる、というのは日の出が早くなったり日の入りが遅くなって、日中の太陽の出ている時間が長くなる、という意味だろうけれど、このほんの少しずつの日の長さが、春にとってはたいせつなようです。

お日様のちからというのは、本当にすごいのです。

寒(かん)が続く間、なんとなく、錠までかけてかたく閉ざしていた扉が、ギィと音を立ててひらけてくる、そんな気がします。

冬至からいくつめの節目でしょう。
立春は、いよいよ春が来ますよ、という喜びの日です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

民生

#season

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。