感じ方を工夫する

「自分だけ、できていない。」

まわりが羨ましく思えたり、自分に劣等感を感じたり。

そんな感情、必要ない。

もし、まわりをみて「みんな、がんばってるな」と思えれば、

「自分も、結構がんばってるな」と、思えるかも知れない。

自分の感情は、自分が感じ取った結果だ。

だから、感じ方を工夫しよう。

出来事は、いろいろな角度から見ることが、できる。

せっかくなら「善」の見方を心がけよう。

身のまわりの、いろんな出来事が「善」で満たされてくる。

自分の感情が「善」になる。

自分の行動も「善」になる。

自分の人生も「善」になる。

きっと、まわりも「善」になる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、次世代を担う子どもたちと若者のサポートに充てていきます。

どいいちろう

ダンスと音楽は仲良しだ☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。