スツールを作ってる

スツールとは背もたれや肘掛けのない椅子のことだそうな。昔はスツールなんて言葉使わなかったよなあ。外で作業すると立ちっぱなしなのでちょっと腰掛けられたらいいかなと思って作り始めた。正直なところ、作業用なので買った方が軽いし折りたたみもできるし便利なはずなんだけど買うことを許されない掟のせいで作るしかない。勿論うそです。

なんやかんやと作り始めて半年がたった。座面の材料はヤフオクで買った端材。端材のくせに2000円もしたばい!丸棒はアウトレットで一本200円。今回初めてタイトボンドを使ってみた。座面が割れないように強力に接着したかったから。普通の木工ボンドも侮れないので十分だったかも。あー、思い出した。最初は木の皿を作ってたんだった。食器用に使えるようにタイトボンドの3番だったかな。そうだそうだ、そうだった。なぜか座面になった。きっと皿面をえぐるのが嫌になったんだと思う。木の種類はよくわからない。ホームセンターには売ってない。どの木かわからんけど切ると うんこ臭いw。

次の作業は各部材の接合と仕上げ。写真には写ってないけど座面の裏はφ35の4つの穴を微妙に放射状に座ぐってる。このままボンドで留めて良いものかといまだに悩んでる。ネジとか使いたくないなぁ。ダボ埋めも嫌だ。やはりボンドさんの出番だな。仕上げは角をトリマーでまるくして、全体を♯240で削る。そんで外用のウレタンニス仕上げかな。

いざ、完成してもお尻痛いよね。でも、クッションつけたら寄木もどきが台無しなのでやめとこう。

やはり木工はおもしろい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ぼよん

ものづくりに興味があります。 主に木工です。電気回路も少しだけ勉強中。溶接もやってみたい。 3DプリンターやCNCも使い勝手がよければ常用してみたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。